SSブログ
こめり ブログトップ

BL「月にむら雲、花にあらし」 [こめり]

9/10購入
[NEW] 月にむら雲、花にあらし / こめり
tukinimurakumo.jpg
8/23発売。こめりさんの新刊です。
コミックシーモアのシーモアスクラッチ3日目(最終日)のクーポン使用で購入。

日常系BLで定評のあるこめりさんの新刊です。
試し読みでぐぐっときたので購入しました。

親友のままならずっと側にいられる、じゃあ恋人になったら? 超一途なイケメン画家x京都弁の天然お坊ちゃん、三十路男達のはんなり十年愛。
(作品内容より抜粋)

私の好きな「親友を好きになっちゃって・・・・」のヤツですよ!(笑

とはいえ、これはアオハル的な切ないキュンキュン系ではございません。なにしろ三十路男たちなので。
鶴間(攻)は何度も三木(受)に告白を繰り返しているんだけど、毎度さらっと流されて、十年来の親友関係を続けています。

親友に告白なんて、普通だったら決死の(?)それまでの関係を壊す覚悟がいるだろうし、告白された方だって、今までの関係を続けるのって難しくなると思うんだけど、そこをお互いしれっとやり過ごして親友関係が続けられてるっていうだけで、すでに二人は親友を超えたかなりの深い関係だよなぁと思うわけです。

結局1話目の後半で二人は恋人として付き合うことになり、そこから二人がその新しい関係をどう築いていくかが見られるのですが、恋人になってもあんまり雰囲気が変わらないんですよね。
そこがまたいいんです。
なにかドラマチックな展開があるわけでもなく、日常が淡々と描かれているのですが、二人が出会って恋人になったのは運命だったんだなっていうのを凄く感じます。
「運命」なんて大げさっぽい言葉はこのお話の雰囲気に似合わないのですが、だからこそ運命なんですよ(自分でも言っている意味がよくわからなくなってる…^^;;;)

美しい季節の移り変わりとともに描かれる二人の関係は、雰囲気はあまり変わらないけれど、着実に恋人としての時間を重ねていて、これからもずっと寄り添っていけるんだろうな・・・と感じられて、とても心がふんわりする読後感でした。

二人の関係は、周囲の理解も得られているし、特に嫌なことも起こらない、優しい物語です。
エロはこめりさんなのでw描写がしっかりある割にはあっさりめ。

最後に、初回特典ペーパー、電子限定ペーパー、シーモア限定ペーパー
3種類もオマケペーパーがついててうれしかったな!


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ


月にむら雲、花にあらし (arca comics) [ こめり ]


楽天ブックスの
商品ページに飛びます
nice!(0)  コメント(0) 
こめり ブログトップ