SSブログ
noji (ノジ) ブログトップ

BL「探偵事務所の飼い主さま」感想 [noji (ノジ)]

2021-08-16更新
nojiさん作のBLコミック
「探偵事務所の飼い主さま」の感想です。
tanteijimushono.jpg
2021.7.30発売の新刊。
2021.8.13~シーモア先行配信開始しました。
(出版社:プランタン出版 CannaComics)

見た目強面ヤンキー(ピンク髪)ながら
 動物に好かれる体質の探偵助手 中村狼(ろう)
 ✕          
見目麗しくもちょっと天然が入っている
 元警察官で、現探偵の佐狐史佳(さこ ふみか)
 
佐狐探偵事務所に舞い込んでくる様々な依頼を
1話完結で解決するスタイルで読むうちに
徐々に助手と探偵の距離が近づいていく様子を楽しめる本作。

けっこう危険な目にあったり、
助手の狼の過去が重めだったりもするのですが
暗い・重い雰囲気は全くなく
ゆる~~~くて明るい、
とても楽しいラブコメでした![わーい(嬉しい顔)]

狼がフミ(史佳)のことが大好きで
隙あらばキスしようとしたり
のしかかってみたりするのですが、
素直じゃないフミはそのたびに抵抗して
簡単にはえろな展開にはなりません。
でもね、フミさん、ちょろい受けなの…
もうアホ可愛くてたまりません(^∀^●)

とはいえ、せっすすシーンはほぼないです。
でも、フミさんのおぱんつは
ちょいちょい見ることができますよ!(笑

nojiさんの作品、
今のところどれも面白くて好きですけど、
今作が一番面白かったかも!
恋愛のキュンはあまりなかったですが、
笑いの要素や、フミと狼の関係、
キャラの性格とか、登場する動物たち、
どれもこれも面白くってツボりました(≧∇≦)ノ

1巻完結の表記がありましたけど
いやこれ、続きも見たい!
依頼が来て、それを解決して、
その合間に二人のイチャコラ攻防戦を楽しんで
ってな感じで
いくらでも続けられそうなお話なんですよ。
あああ~もっと読みたーい!


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

探偵事務所の飼い主さま (Canna Comics) [ noji ]



タグ:noji
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「ハルドナリ」感想 [noji (ノジ)]

2021-06-25更新
nojiさん作のBLコミック
「ハルドナリ」の感想です。
harudonari.jpg
(出版社:双葉社 
     マージナル &h コミックス)
2021.6.10発売

nojiさんの新刊です。
マージナルって人外だけなのかと思ったら
普通に人間同士のお話もあるんですね。
「&h」レーベルだと人外じゃないのかな??
(特に調べたわけではないです[あせあせ(飛び散る汗)])

物語全体がとても優しい雰囲気に包まれていて
ほんわかしました。
↑表紙絵の雰囲気そのまま、な感じです。

正論をキツイ口調で言ってしまうため
友達もいなければ、
バイトもクビになってしまった大学生
       佐々山 颯太(ささやま そうた)
 ✕
颯太が住むアパートの大家(なつさん)の孫
        道 春之輔(みち はるのすけ)

大家なつさんの入院を機に、
住み込みで大家代理を引き受けた春之輔ですが
片付け・掃除が苦手すぎて、
家の中は荒れ放題。
それを見かねた颯太が
春之輔からの依頼もあり
大家宅の家政夫バイトをすることになるところから始まるお話です。

思ったことをオブラートに包めないせいで
周囲から距離を置かれてしまう颯太を
面白がり、まっすぐ受け止めてくれる春之輔。

二人とも人づきあいが苦手なタイプなのに
二人でいる時はともに自然体でいられる様子に
相性の良さが感じられました。

それがいつの間にか恋愛的な意味での「好き」
に変化していくのですが、
その辺が私には
ちょっとわかりにくかったかなぁ。
繊細な変化がわからくてごめんなさい・・・
お互い、いままでに出会ったことのない
気の置けないタイプだったのが
新鮮で、居心地がよかったのかも・・・
普段はしかめっ面が多い颯太が
春之輔の前では笑顔が多いとこ、
とってもかわゆかったです。

”そういう”行為に誘う春之輔が
それまでのキャラからは想像できないほど
せくしーでしゅてき~[揺れるハート]
普段のドジっ子な雰囲気とのギャップが[目]

お互いの足りない部分を
補い合っている感じなので
これからも
ずっとうまく続いていくのだろうな~
と思える二人でした。

電子の特典は1Pマンガ。
美容院が嫌いな春之輔を
うまく操縦する颯太のお話。

コミックシーモア限定特典も1Pマンガ。
春之輔の怒った顔を見ると
ドキドキしちゃうw颯太の話。


話の筋とは全然関係ないとこですが
春之輔にすごく共感(?)したシーンが
あったんですよ。
春之輔が隣の部屋に移動するときに
ドア枠(てか襖?)にガツっと肩をぶつけるとこ。
私もよくやるんですよねぇ…
腕とか脛とか肩とか、
年中そこらにぶつけるので
青あざが絶えないんです・・・
それを見た颯太は「何故…」って
ツッコんでたけど、そういう人もいるんだよ。
ドジっ子というか
自分の体の可動範囲と周囲の状況を
把握できてないんでしょうな。
若いころはね、
子どものころは小柄だったのに
思春期すぎて急に背が伸びたせいで…
って思ってたけど(んなわけあるかいw
この年になってもいまだにこうなんだから
まあこのままなのでありましょう。
(単にどんくさいだけっていうね…(悲


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

ハルドナリ 【電子コミック限定特典付き】【電子書籍】[ noji ]



タグ:noji
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「焦がれて焦がして」感想 [noji (ノジ)]

kogarete-kogasite.jpg
nojiさん、初読み作家さんです。
購入記事にも書きましたが、表紙絵がとても好みで、気になっていた作品。
美味しい食べ物、幼なじみで親友、私の好きなシチュがたくさんで、とても素敵な作品でした。
なんとなく(主に表紙絵の印象から)エロはほとんどないタイプかな、と勝手に思っていたんですが、そんなことは全くございませんでした(笑)
回数こそ多くはないですが、初えちになかなかのページ数がさかれております(ありがとうございますw

ほとんどが表題作ですが、短編「ある日森の中で」35Pも収録されています。

表題作
元漁師、カフェバー店主でシェフの悠次

お疲れリーマンの総一
生まれた時から高校までずっと一緒に過ごしてきた同い年(30手前)で幼なじみで親友の二人のお話です。
舞台は北海道。
高校卒業後、地元に残り実家の漁師の手伝いをしていた悠次。一方、大学進学を機に札幌に出て、そのままそちらで就職した総一。
離れてから、総一に対する自分の気持ちにはっきり気づいた悠次が、漁師をやめてすすきののはずれにカフェバーを開店し、総一のあまりのやつれぶりに「よかったら毎日でもうちにご飯食べに来て」と誘うところからお話が始まります(第1話)。

悠次は必死で自分の気持ちを隠して「親友としての立ち位置」を守ろうとしているのですが、総一はそんな悠次の気持ちが知りつつ受け入れているところがあって、いわゆる「両片想い」の状態。
「何かないの、僕に言いたいこと」って総一の方から悠次に告白を促すあたり、男前やわー!
いや、自分からじゃなくて相手に言わせてるんだから、ずるいのか?(笑
お話前半のうちに親友から恋人になって、中盤からは恋人になった二人を堪能できます。
幼なじみから恋人になったことで、お互いの距離を探り探り進めていくところがモダモダキュンキュン。
エロの最中も、あまりのいたたまれなさに中断しちゃうところとか、ほんとかわいい。
悠次の不用意な言葉でケンカになったところでは、心臓がぎゅうっとなるくらい切なくなりました。
お互いの家族のことを考えて不安になって、それでも総一とずっと一緒にいたいと思った悠次の2回目の告白がすっごく良くて。こんな告白のセリフ、たぶん初めて見た気がします。病みも微妙に入ってる感じが、想いの強さを感じられて、より心にグッときました。
全体的に想いの大きさが、悠次>>総一、のような感じなのですが、総一だってちゃんと悠次のことが好きなわけで。
お話のラスト、総一からの、ずっと一緒にいよう、という想いを込めて悠次へかけた言葉が、これまたほんとに素敵で、きゅうううぅぅぅんときちゃいました。

私の好きな要素をこれでもか!と詰め込んで丸めて投げつけられたような作品。
すでに何回も読み返していますが、これからも飽きずに何回でも読み返すことになると思います。

さて
短編は35P。「ある日森の中で」
森杖健人(大学生)x音更モエギ(高校生)
(作中に表記がないので年齢は推測)

これも舞台は北海道。
nojiさんは北海道出身、あるいは在住なんでしょうか。
ある日、森の中でモエギくんが森杖くんを拾うところから始まるお話。
森杖くんが研究している変形菌(粘菌)て面白いですよね。私の中では粘菌といえば南方熊楠ですが、詳しいことは全く分かっておりません^^;
素早く逃げたモエギくんのことを「モジホコリのようだ」って例える森杖くん、面白すぎじゃろw

モエギくんがショタっぽさもありつつ、色気もあって、なかなか好みのキャラでした。
くりっとして大きいつり目、濃いまつげ、目元にほくろ、華奢な体躯と色白黒髪ぱっつん前髪。口下手で、普通の表情も愁いを帯びた感じがする佇まい。ええわぁ。
森杖くんが微妙に下衆っぽいにおいがしないでもないけど、まあいい人なんでしょう、多分。
ひと夏の恋物語。願わくばモエギくんに幸あれ。

表題作、短編ともに
たれ目優男xつり目黒髪美人、のCPでした。
この組み合わせ、nojiさんお好きなんでしょうか。
私も好きです(笑

2019年4月発行の今作がデビューコミックスのnojiさん。
次作も楽しみな作家さんです。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

焦がれて焦がして (POE BACKS BABY COMICS) [ noji ]


楽天ブックスの
商品ページへ飛びます
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック
noji (ノジ) ブログトップ