SSブログ
池玲文 (イケ レイブン) ブログトップ

BL「 ≠ ノットイコール①②」感想 [池玲文 (イケ レイブン)]

2021-05-06更新
池玲文さんのツイートで知ったのですが
池作品の中でも、私の最も好きな
「 ≠ ノットイコール」が
コミックシーモアの
「毎日無料」の対象になっていました。

2巻完結の作品なのですが
1巻分が全部無料で読めるようです。
(1日最大2話までのため、
   ラストまで一気には読めません)

こ、これは・・・!
ぜひともいろいろな方々にお読みいただきたい!
ということで、改めて紹介せねば、と思った次第。
≠1.jpg≠2.jpg
1巻2010年、2巻2012年発売

以前の記事で、ぷち感想を書いているので
自分の文ですが、以下に引用しときます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
媚シリーズが有名な作家さんかと思いますが
私が一番好きなのは「≠ ノットイコール」です。
ガチ親子ものだし、タイムスリップもあって
一見とっつきにくい内容に
感じられるかもしれませんが
複雑な展開はなく
タイムスリップものにありがちな
なんっかモヤモヤする~~納得できかねるぅ
みたいなパラドックスというか
矛盾的なものは感じません(私は、ですけど)。
父親と息子の間に起こる、
劇的な出会いと生まれる気持ち、
すれ違い、時間経過による変化、
いろいろな要素が二人の間に立ちふさがって
切なさ満点、何度読んでも泣けます。

~2019.3.24 更新「8人の戦士①」
 「≠ ノットイコール」ぷち感想より~

息子x父親のガチ親子CPなのですが
タイムスリップがあるため
ショタ受け(年上攻め)でありながら
年下攻めにもなる(リバじゃないよ!)
設定だけでもてんこ盛りな内容。

親子ものだからこその
強い葛藤、罪悪感、背徳感などありつつ
2巻でとてもスッキリお話は収まっていて
とても読み応えのある内容になっています。

タイムスリップといっても
SFっぽい感じはほぼないですし
設定だけでしり込みしないで
ぜひ挑戦してみていただきたい。
なにしろ「無料」ですから!
ちょっとでも興味の湧いた方、
ぜひ読んでみてくださいませ。

「≠ ノットイコール」毎日無料は
  コチラ ←からどうぞ

≠ 以外にも
やはり私の大好きな、というか
BLを読むようになるきっかけになった
小鉄子センセの「マッドシンデレラ」も
毎日無料なんですよね。
こちらもよかったら読んでおくれ~~。
これも感想記事、書きたいなぁ。

ちなみにわたくしは現在
シーモアの毎日無料で
シティーハンター」読んでます。
全巻持っていたけど
実家を出る時に処分しちゃったんだよね。
他にも読みたい本がたくさんたまっているので
なかなか読み進められないのですが
無料で読めるのは1日最大2話までなので
の~んびり楽しんでます。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

≠ ノットイコール(1)【電子書籍】[ 池玲文 ]
≠ ノットイコール(2)【電子書籍】[ 池玲文 ]

タグ:池玲文
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「魔術師シルヴァンの店」感想 [池玲文 (イケ レイブン)]

池玲文さん作のBLコミック
「魔術師シルヴァンの店」の感想です。
Sylvain.png
2021.3.25発売
電子は2021.4.2に配信開始しました!

池玲文先生、美麗絵なので
絵を見るだけでも癒し効果がすごいんですけど
いや、今作、絵のレベルがさらに一段と上がっていると感じました。

アシさん使わず、一人で全部描いている、と
ツイッターでつぶやかれていたと思うのですが
ちょっとそんなの信じられないレベルですよ…

お話としては
魔術師シルヴァン
 ✕
シルヴァンに命を救われた元奴隷のティム

シルヴァンの店の客 エーリク
 ✕
エーリクの下で働くヨハン

この2CPのお話が入っています。

んもう~~~どちらも優しい
ほんわかほんわかするお話でした。

シルヴァンの店で働く元奴隷のティムが
ひそかにシルヴァンに思いを寄せるようになってしまい
なんとか最後の思い出に、と
美しい姿に変身できる魔法の薬を使って
シルヴァンに告白するところから始まるお話です。

ガタイはいいのに小心者のティムが
とにかくカワイイ!

そして、普段はマスクをつけ
素顔をさらさないシルヴァンのそのお顔が…
猛烈に美しいのですぅ…まさにご尊顔…

手首に奴隷の証の刺青があるため
それを見た人から蔑みや嫌悪の視線を
向けられることも多いティム。
一方シルヴァンも
強大な力を持つ魔術師ということで
やはり一般の人からは
一歩も二歩も距離を置かれている存在。

孤独な二人が魅かれあったのは必然だったのかも。

強い魔力を持つゆえにマスクをつけ
無駄に言葉も発しないシルヴァンなので
一見冷徹で何を考えているかわからない
得体の知れなさを感じるのですが
ティムの前ではニコニコで
愛の言葉も少ないながらきちんと伝えるし
意外とえっちに積極的なところがすごく良い!

ガタイのいい方が受ってのもいいですよね。
そんなに大きな体格差ではないのですが
ティムの方が少し身長が大きくて
しかも初心いので
素直な大型ワンコ受けって感じです。
おいしい!!


もう一つのCPは
従業員のヨハンに惚れているエーリクが
ヨハンがいつも座っている椅子になりたい
という要望をかなえるための魔術を買いに来るところから始まるお話。

おい、どうしてそうなった!と
誰もがツッコミたくなる斜め上の要望で
ここからもう笑いが止まらないんですがwww

いや、ここのCPもですね
二人ともいい人なので
じれったいやら、反応が面白いやらで
面白かったです。

ヨハンが顔にそばかすで小柄の
ちょっとショタっぽいキャラなのですが
お人よしのエーリクよりよほどしっかり者で
とても好きキャラでした。
一応、エーリクxヨハンみたいなんですけど
(本番描写なしなので)
私としては、ヨハンxエーリクの方が
しっくりくる感じだったなぁ。
ここはかなり身長差のあるCPなのですが
エーリクが大柄の立派な成人男性なのに
モジモジうじうじ気味なので
ヨハンの方に攻めっぽさを感じてしまった。
だいたい「椅子になりたい」ってなんだよ(笑

シルヴァンの店にいる蜘蛛猫さんもかわいい。
顔がネコで体が蜘蛛という(表紙絵左上にいます)
明らかに気持ち悪い見た目なのに
顔がネコだとなんでこんなにかわいいのか。
口は悪いのですが
ちょこんとシルクハットをかぶっているさまも相まって
大変ツボでございました。

そしてそして
すんばらしかったのがカバー下漫画です。
カバー下でしか拝めないものが・・・!!
本編では見られなかった服OFFの
シルヴァン様の神々しいお体が拝見できます。
鼻血が止まらん系の・・・( ̄TT ̄ヒンケツナルヨ…

電子にカバー下は収録されてるのかな?
電子のレビュー少し読みましたが
カバー下マンガについて触れてるコメントが見られなかったんですけど…

もしかして、池先生が「紙がお薦め」ておっしゃってたのは、このカバー下のことかなぁ??
修正は紙でも水玉消しだったし・・・

アニメイト特典は4Pリーフレット(2Pマンガ)
第1話の見開き扉絵がカラーで見られて大感激!
いつもは4Pリーフレットなら4P全部漫画がいいのに、って思ってしまうたちなのですが
今回ばかりは、リーフレットの表紙絵に大感謝でした。
飾りたいくらいだよ。
中のマンガは、蜘蛛猫に嫉妬するシルヴァンが
たいへんカワイイお話でした。
あんな見た目で嫉妬も、ティムが好き好きなことも隠さないシルヴァン、サイコーか!!!!!

4/15までシーモアで試し読み増量中です。
気になった方は、ぜひ読んでみてください。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

魔術師シルヴァンの店 (CHARA コミックス) [ 池 玲文 ]



タグ:池玲文
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「8人の戦士②」感想 [池玲文 (イケ レイブン)]

池玲文さんのBLコミック
「8人の戦士②」の感想です。
8nin-no.jpg
2021.2.10発売の最新巻で完結巻。
電子は2.18~配信がはじまりました。
たった1週間でも
発売前から楽しみにしている本だと、
紙と電子配信のずれが実に長く感じます…

★1巻のぷち感想はコチラからどうぞ★

主人公ハートの故郷”プラウ・ヤンギンダ”で
4年に一度、行われる王蛇合戦。
それは、8部族の代表の戦士が闘い
王を決めるお祭り。

その闘いの勝敗は
先に射精させたほうが勝ち、
つまり先に出しちゃったら負け、という…(笑

1巻は
この王蛇合戦の模様が主だったのですが
(めちゃくちゃ面白かった)
2巻では、王蛇合戦を闘いあった
各戦士たちの恋模様が主です。
ちゃんとBLになったよ(笑

主人公のハートは、
留学先で知り合ったマシューと
恋仲になっていることが
1巻でも明かされているのですが、
二人の馴れ初め話がこの2巻で読めます。

もう、ハートがね!すっごくかわいいんです。
あれ、こんなにかわいい子だったのか、
とビックリしましたけど
意識して、さらには無意識でも
シリをちらちらさせてマシューを誘う様子と
それに振り回されるマシューが
大変ラブリーな二人でした♡

ロロ様とブランのお話では
あの高慢なブランが、
実は寂しがりで意外とかわいいなんて
まったく反則だな!って憤慨したり(笑)

ユダとピサウは
結婚準備~結婚式までのお話で
相変わらず口うるさい
ピサウのお兄ちゃんに振り回されつつも、
幸せそうな二人が堪能できました。

サーフィア(現王)とレジさまの情事も
ちょこっと垣間見れるボーナスもあり。
やっぱりレジ様はヒゲなしの方が断然好き。

サイコルナガとヴァンピアのすったもんだも
面白かった!
ヴァンピアの二重人格的なところ
なかなかの豹変ぶりで
それに振り回されつつも、付き合えるサイコルナガの器の大きさが素晴らしい。
あと、眼帯はずした時のイケメン度がスゴイ。
そして、このCPは
リバってないのにリバっぽいとこが
さらに美味しいです(笑

私としてはタリングちゃんのかわいい
ちまっとしたtinをまた拝みたかったんですけど
残念ながら、
事前審査編に出てきた叔父さんと一緒に
ちょっと登場しただけで、おtinまでは拝めず。
タリングちゃん、ちょっと生意気そうなお顔で
イモっぽい訛りと、初心すぎる反応が
たまらぬかわいさなのよね。
もっと見たかったな―――。

というか!!
R18の事前審査編(↓コレね)を読んだ身には!
8nin-no-jizen.jpg
2巻の修正が憎い!
ワタクシ、普段はあまり
修正には文句を言わない性質ですが
(何をしているかわかればOKというスタンス)
8人の戦士は、ほとんどみなさん
ご立派なブツをお持ちなので
白抜きされると、白い部分が大きくて
何してるのかよくわからない感が
より大きい気がしちゃうんですよね。

事前審査編(R18)では、
たいそうなものを拝ませていただけに、
その差が余計に身に沁みます…トホホ…[もうやだ~(悲しい顔)]
★事前審査編のチョコっと感想はコチラ

それにしても2巻で完結かあ~~。残念です。
また番外編のような形でいいので
ぜひR18版で!出していただきたいです。
その時には絶対に買います!!!!!!


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

8人の戦士 2【電子限定かきおろし付】【電子書籍】[ 池玲文 ]



タグ:池玲文
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「兄ちゃんの話」ぷち感想 [池玲文 (イケ レイブン)]

11/15購入(コミックシーモア)
[NEW]兄ちゃんの話 / 池玲文

niichannohanasi.jpg
11/15配信開始。電子のみの発売です。全76ページ。

兄ちゃんの話だけど、兄弟BLではございません。
弟から見た、兄ちゃんとその親友CPのお話でした。

甘酸っぱいキュン
胸が締め付けられるギュン
そして涙がほろりとするシーンもあって
しかも池先生の美麗絵!
これがたったの330円で読めます!
皆さん買ってください!

池玲文先生と言えば、濃厚えっち(とリアルtnk)をまず連想しがちですが、今回は描き下ろしにちょっとソフトなのがあるだけです。
このお話にぴったりのとてもかわいい雰囲気のでした。

そして・・・・(微ネタバレしますよ)


受け攻めが私の予想と逆だった―――っ!!!
そうかーそっちだったかーーーっ。
あ~~~~~~萌え萌え~~~(゚∀゚)♪
もうどっちでもおいしくいただける二人です。

あ~~朝からいいもの読んでしまった(^m^
さて、これで今日も一日頑張れるぞ!

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「8人の戦士①」「≠ ノットイコール」ぷち感想 [池玲文 (イケ レイブン)]

3/23~25 の3日間、コミックシーモアで
「じゃんけんクーポン」やってます。
今日は30%オフクーポンもらえたので
池先生の新刊げっとぉ!

===================
 8人の戦士①/ 池玲文
===================

ペ〇スサック戦士、射精したら負け、という
これだけ聞いてもわかるwトンデモ設定のお話。
池先生の作品では、一番笑わせていただきました。
いろいろなタイプのイケメンイケオジが真面目に真剣に敵のアレをどうこうするために戦う姿を堪能できますw
あああ~~面白かった。続編も楽しみです。

池先生の絵って、とても美麗で、一見シリアス耽美路線ぽいのだけど、実際の作品は、ちょこちょこ笑いが盛り込まれていたり、SFっぽい設定の作品も多いので、絵柄の印象だけで読み始めると裏切られるかもしれません。
もちろんいい意味で!

媚シリーズが有名な作家さんかと思いますが、私が一番好きなのは「≠ ノットイコール」です。
ガチ親子ものだし、タイムスリップもあって
一見とっつきにくい内容に感じられるかもしれませんが
複雑な展開はなく、タイムスリップものにありがちな
なんっかモヤモヤする~~納得できかねるぅ~みたいなパラドックスというか矛盾的なものは感じません(私は、ですけど)。
父親と息子の間に起こる、劇的な出会いと生まれる気持ち、すれ違い、時間経過による変化、いろいろな要素が二人の間に立ちふさがって、切なさ満点、何度読んでも泣けます。
あれ・・・「8人の戦士」と同じ作者さんの作品かな?w
ぜひ読んでみてください。
池先生の作品は、絵を見ているだけでも癒されまする。

8人の戦士(1) (ビーボーイコミックスデラックス) [ 池玲文 ]
≠ ノットイコール(1)【電子書籍】[ 池玲文 ]
≠ ノットイコール(2)【電子書籍】[ 池玲文 ]
たつのおとしご (バーズコミックス リンクスコレクション) [ 池玲文 ]
R-40BL (DAISY COMICS) [ アンソロジー ]

タグ:池玲文
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
池玲文 (イケ レイブン) ブログトップ