SSブログ
月村奎 (ツキムラ ケイ) ブログトップ

BL小説「秋霖高校第二寮 リターンズ①②③」感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

2021-06-28更新
月村奎さん作のBL小説
「秋霖高校第二寮 リターンズ①②③」の感想です。
shuurinkoukouR1.jpg
①2008.12月発売
②2009.4月発売
③2010.11月発売
(出版社:新書館 ディアプラス文庫)

★前作「秋霖高校第二寮①②③」
       の感想はコチラからどうぞ★

前作、面白かったのですが
高校生たちのわちゃわちゃ感が多くて
BLとしては、正直少々物足りない感がありました。

しかしこの「リターンズ」は
しっかりBLしてました!

月村奎さんがあとがきで
「前シリーズはフィジカル部分はほとんど進展していないので、リターンズから読み始めた方が手っ取り早いくらいです」
な~んて感じのことを書かれていて
いつもの自虐あとがきだあ~(笑)って
ほほえましかったんですけど、
うん、でも「たしかに」って
思うところもあったりしてw

リターンズの方が
キュンキュンをたくさん味わえました!

超絶イケメンでベストセラー高校生作家
 ✕       波多野 帝(はたのすぐる)
地味系イケメンで
人の世話を焼かずにいられない長女体質の
         奥村 聡(おくむらさとる)

俺様攻めの波多野さんの破壊力が
すごかったです・・・・

もう、なんなんあのイケメン・・・

イケメンが過ぎてもうやだ最高~~~(笑

リターンズでは新キャラで
安藤夏乃ちゃんという
とってもいい子ちゃんな女子が登場します。
波多野帝の大ファンで、
将来性のありそうなマンガ家志望女子。
しかも料理が上手で、気が利いて
一人で第二寮のおさんどんをしていた聡の
ありがたい助け手になる子です。

が、このドーナッちゃん(愛称)が
あまりにできた子なので
聡がお株を奪われるようなことも多々出てきて
聡が自分の存在価値に自信がなくなったり…

なんていろいろあるものの
波多野さんは絶対にぶれず
いつでも聡に夢中なのがね、
前シリーズよりもよくわかるので
そりゃもうサイコーなんです。

自分でもびっくりしたんだけどさ、
最中に思わず涙を流した聡に
帝が「・・・痛い?」って聞いたとき
思わず私泣いちゃったんだよね。

攻めが受けに「痛かった?」とか聞くのって
定番じゃない。
普通そんなセリフでなんて泣かないんだけど
波多野さんは普段が普段なだけに
そんな普通のセリフすら
ありがたくなっちゃうんよね。
イケメンで俺様って、
ずるいわーーーーまったく(笑
最高か!!

ん~~もうこれ、
「リターンズ」ばっかり再読しそう。

甘くない波多野さんが
ちょいちょい甘い所見せるんですもの。
たまらんです。

「リターンズ」書いてもらえてほんと良かった。
最高でした!!


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

秋霖高校第二寮 リターンズ (1)【電子書籍】[ 月村奎 ]
秋霖高校第二寮 リターンズ (2)【電子書籍】[ 月村奎 ]
秋霖高校第二寮 リターンズ (3)【電子書籍】[ 月村奎 ]

タグ:月村奎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL小説「秋霖高校第二寮①②③」感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

2021-06-17更新
月村奎さん作のBL小説
「秋霖高校第二寮①②③」の感想です。
shuurinkoukou1.jpg
1巻 2002.2月発売
2巻 2003.6月発売
3巻 2006.10月発売

先日の新書館60周年記念の半額セールで
一気に購入した本作は
「秋霖高校第二寮 リターンズ①②③」も含め
全部で6冊ありますが
とりあえず、最初のシリーズ3冊を
読み終わりましたので
ここまでの感想を書きたいと思います。
(「リターンズ」は未読です。
 あらすじもチェックしてないです)

タイトルにある通り、高校の寮生活でのお話です。

とっても楽しかった~~~[るんるん]

えろはほとんどないです。

ケンカップルが好きな人とかなら、
このお話大好きなのでは。
いや私はケンカップル萌えもないですけど
十分楽しかったです[わーい(嬉しい顔)]

秋霖高校入学と同時に寮生活を送るつもりで
「第一寮」に来た奥村 聡(おくむら さとる)。
ところが学校側の手違いで
第一寮には空室がなかったため
急遽「第二寮」に移動することになったところから始まるお話です。

きれいな第一寮と違って、
見た目からしておんぼろな第二寮。
ここに住んでいる面々が実に個性豊かで
変わり者ばかり。

かわいい顔して砂糖中毒、藤井シスターズこと
藤井望(♂)+美希(♀)の双子の先輩(高2)
超絶イケメン&高校生にしてベストセラー作家
しかしその言動は、乱暴・粗暴・横暴・の
3Bがそろった波多野 帝(はたの すぐる)(高2)
無精ひげにアロハシャツの怪しい見た目ながら
イケメンで教師&第二寮の舎監 石田先生。

この男女混成4人が暮らす第二寮の
5人目のメンバーになった聡が
個性豊かでわがまま放題な寮生+先生に
振り回され、愚痴をこぼしつつも
高校生活を送ってゆく様子が
とても楽しかったです。

読み始めた当初は、
聡が先輩たちに振り回されて
おもしろかわいそうな描写が続くので
望先輩・帝・先生、この3人のうち
いったい誰と恋仲になるのやら
よくわからず・・・(^▽^;)

まあ、ふつうに一番のイケメンと、でしたw
(表紙を見れば一目瞭然なのだが)

聡は生活能力が高い子なので
寮の面々にいいように使われ
ごはんの支度から、使いっ走りから
いろいろ仕事を押し付けられて
なかなかかわいそうなんですが
愚痴をたらたらこぼしながらも
聡もそれを楽しんでいるところもあるので
まあその辺はなんとか
こちらも我慢して(笑)読んでました。

望+美希の双子のキャラが面白くて~。
とくに望くん、
石田先生と大変仲良しなんですが
二人の間でやりとりされるダジャレの応酬が
面白くないんだけど面白かった。
たまに「お、うまい」と思うダジャレもあって
月村奎さんてダジャレ好きだったんですかね?
気づかんかったわ~(笑

望くんは発言もいちいち面白くて
特に3巻の
「思わずえっちして寝ちゃったの?」
のとこは、飲んでいたコーヒー牛乳を
口からぶちまけるところでした。あぶねえ。

肝心の恋愛の方はですね、
イケメンがとにかくデレないし、
聡は自分の気持ちに鈍感だし、
で、3冊かけてもなかなか進展しません!

なので甘々な雰囲気を期待していると
まるっきり肩透かしをくらいますが
それだけに「一瞬のデレ」のパワーがすごい。
そこで一気にキュンがきます!
ま、一気に来て、
その一瞬で終わるんですけど(爆

二人とも自分の気持ちを
素直に相手に出せないので
じれじれしちゃうけど
同級生(女子)と一緒にいる聡を見て
あからさまに嫉妬したりする帝くん、
大変かわいらしかったです♡
俺様攻めってあんまり好きじゃないけど
帝くんはあんまりに表現がへたくそで
むしろいいわ~。
いや、もうちょっとデレてくれ、とは
正直思いましたけども(笑

聡は円満な家庭で
恵まれた環境の中育った子ですが
双子や帝は、
生まれ育ちが少々複雑な子たち。
だからと言って重くなるわけではなくて
キャラやお話に広がりが出ていて
単なる恋愛だけ、ではないところも
面白かったです。

3巻ラストで、ようやくちゃんと恋人関係になった…(んだよね?)という感じだったので
続きの「リターンズ」も
すぐに取り掛かりたいと思います。

石田先生と望、二人の関係が
巻末で短編のように語られるのですが
この二人の関係がものすっっごく気になるので
なれそめとか、二人きりの時は
どんなふうにいちゃこいてるのかとか
それもちゃんと読みたいなぁ。
「リターンズ」で
もう少し深堀してくれてるのかしら…
期待しちゃう。

主役CPの二人は、
とても甘々にはなりそうにもないけど、
それも多少は期待しておこうかな(笑

~~2021.6.28追記~~
秋霖高校第二寮リターンズ①②③の感想
書きました!
⇒コチラ⇐のリンクからどうぞ★


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

秋霖高校第二寮(1)【電子書籍】[ 月村奎 ]
秋霖高校第二寮(2)【電子書籍】[ 月村奎 ]
秋霖高校第二寮(3)【電子書籍】[ 月村奎 ]

タグ:月村奎
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

BL小説「CHERRY」感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

月村奎さん作のBL小説
「CHERRY」の感想です。
CHERRY.jpg
2010年の作品です(2015年に電子書籍化)

一年も前に購入して
いままで積読してたのですが
何気に読み始めたら面白くて
深夜に一気に読んでしまいました。
なんでもっと早く読まなかったん、私――!

家柄も容姿も頭の出来も申し分ないけど
性格は高慢でプライドの高すぎる
カンペキ王子様 岩佐直希(20)と
直希の通う大学の
 イケメン准教授 阿倍壮介(34)
二人のお話です。

直希は見た目の完璧さから、
異様にプライドが高く
周囲を見下すような態度が常で
大変イイ性格をしているのですが
優秀な成績を維持するために
陰では猛勉強をしている、という
実は努力家でもあります。

しかし、そのプライドの高さから
女子とまともに付き合ったことがなく
20歳になった今も、実は
童貞のまま、というのが大きな悩み。

そんな直希が、
大人の色気たっぷりの
阿倍准教授に徐々に落とされていく様子に
大変ドキドキしました。

直希さん、ほんとイイ性格しているので
心とは裏腹のほぼ憎まれ口ばかりの
ツンデレというよりは、ほぼツン。

でも心の中では、
そんな言動をしてしまう自分に
ワタワタしていてかわいらしくもあり。

阿倍先生は、そんな直希の性格も
ちゃんと把握しているので
余裕の対応をしたり
時にはちょっと懲らしめてみたり。
阿倍の手のひらの上で
コロコロされてる直希を見ていると
自業自得だよ!!(^m^ウヒヒ って思ったり
もっと素直になればいいのに…と
呆れちゃうとこもあるのだけど
でも彼なりに必死になっている様子が
なんだかかわいくて憎めないキャラなのです。

えっちの時だけは、先生にとろとろにされて
だいぶ素直になっちゃうところもかわいくて

いや~~~阿倍先生、
直希のことがかわいくて仕方ないだろうなあ!

直希は、自分の方が
先生にメロメロだと思っているけど
私は絶対、先生の方が
直希にメロメロだと思うな!

月村奎さんの作品では
自己評価が低く、内気でおとなしいタイプの
受ちゃんが多いですけど
こういう中身カワイイ強気王子様受も
なかなかいいですね!

とっても気に入りました。
これは何回もリピする作品になりそうです。

木下けい子さんの絵がまた良く合ってます。
月村作品と木下けい子さんの絵柄って
なんだか相性いいですよね。
上品な色気?が共通点・・・な気がします。
(超個人的意見)


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

CHERRY【電子書籍】[ 月村奎 ]



タグ:月村奎
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

BL小説「恋の恥はかき捨て」感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

「このBLがやばい!2021年版」の小説部門に
月村奎さんの「ロマンス不全の僕たちは」がランクインしてましたね。
先生、おめでとうございます!
ということで

月村奎さんの最新作、
「恋の恥はかき捨て」の感想です。
koinohajihakakisute.jpg
2020.12.10発売の最新刊です。

表紙絵は左京亜也さん。
月村奎さんの作品にしては
表紙絵も、あらすじも
ずいぶんとセクシーだったので
今回はどんな感じなんだろう??と
ドキドキわくわくで読みました。

これホントに月村作品?!と
途中で読むのを中断して、
表紙の名前を確認してしまうくらいに
えろ多め、濃いめ、な作品でした~(*ノωノ)ヒィ~
こういうタイプのお話もお書きになるのですね…
ビックリした(笑

大学の寮で同室の二人のお話。
王子顔で爽やかイケメンの杉山琳央が
実はちょっとMな性癖持ちの性欲大魔神(笑)で
お道具を使ったひとりえっちをしているところを
同室の渡良瀬に目撃されたところから
二人の関係が変わってゆくのですが

琳央が、寮の二人部屋で
ひとりえっちをおっぱじめた時にゃー
これ、もう、絶対に見つかるやつじゃん!!
て、気が気じゃなかったよねー(笑
気分は「しむら、うしろ、うしろーー!」ww

案の定、見つかっちゃって
以降、渡良瀬くんのいるときに〇なにーをする、という決まりごとになるのですが(手錠を使うのに、一人じゃ危ないという理由…確かにそうだが…www)
これ、渡良瀬くんも結構楽しんでますな??
というのが、かなり伝わってきたので
はよ、この二人くっつけばいいのに!
と思っていたのだけど
なかなかに、すれ違い、思い違いが続いて
ずいぶんじれじれしました。

ふたりがそれぞれ、かなりのギャップの持ち主で
とても魅力的。

琳央は、見た目は王子サマな
爽やかイケメンなのに
Mで初心で敏感で
すぐとろとろグズグズになっちゃう
えっちな子だし

渡良瀬は、表情に乏しい強面系ながら
実は優しくて気遣いのできる男前。
でもえっちの時は野獣(猛獣)系

美味しすぎるΨ( ̄∀ ̄)Ψ

左京亜也さんの絵が、また
このお話の雰囲気にピッタリで!
とってもよかったです。

たまには、こんな月村作品も良いですね。

特典のSSは濃厚な(笑)クリスマスを過ごす二人のお話でした。
SSまでえろたっぷりでした~。
(って実は直接のえろ描写はほとんどないんですけどね)

でも私はやっぱり、月村奎さんの書く
不憫健気受のお話が大好きなんだな、
というのを再確認しました。

月村奎さんのファンと言いつつ
実は、まだそんなに数を読んでいないのですが
現在の個人的 月村作品 不憫健気受TOP3は

「ボナペティ!」の有村葉くん
「甘くて切ない」の横室律くん
「すみれびより」の大町芙蓉くん
「眠り王子にキスを」の堀篤史さん

ですな!
TOP3とか言って、4人あげちった。
でも誰も削れないから、四天王!ってことで。

少し前に佐倉温さんの
「インテリヤクザは不器用な策略家」
(★感想記事はコチラ★)
を読んだ後
不憫健気受がもっと欲しくなって
月村奎さんの「ボナペティ!」を再読したのですが
今は「甘くて切ない」を
ほかの作品を読む合間に、
ちょこちょこ読み進めてます。

上記4作品は、もう何度も読んでいるのに
やっぱりたまに欲しくなって
読み返してしまう大好きな作品です。

★月村作品の感想は以下のリンクからどうぞ★
ボナペティ!
甘くて切ない
すみれびより
隣人は恋人のはじまり
眠り王子にキスをの感想書いてないとは[あせあせ(飛び散る汗)]

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

恋の恥はかき捨て (ディアプラス文庫) [ 月村奎 ]



タグ:月村奎
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:

BL小説「すみれびより」ぷち感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

月村奎さん作
BL小説「すみれびより」の感想です。
sumirebiyori.jpg
2015.3月初版発行

月村先生の十八番、不憫健気受がスパダリ攻めに愛されて幸せになるお話です。
学生向けの下宿を営む祖母のもとで暮らす芙蓉は、六年前の淡い初恋の記憶だけを大切にして生きている。そこへかつての片思いの相手である西澤が、大学進学のために祖母の下宿に入居してきた。昔の面影を残しながらも、もっと魅力的になっていた西澤に、切なさとともに胸の痛みを覚える芙蓉だったが…?
作品内容より抜粋

月村作品の不憫受は、本当に不憫な子が多くて、その描写には毎度胸が痛くなるのですが、このかわいそうな子がきっと幸せになるんだ!と信じて、辛い部分はいつも頑張って読み進めています(笑

母親からの愛情を受けずに育ったため、自己肯定感の低い芙蓉。
一方、家庭環境に恵まれ、性格も容姿も良い西澤。
芙蓉が西澤に淡い恋心を持ちつつも、自分なんかが…とグルグルしてしまうところが、自己評価低い受大好きな私にはもうたまらぬかわゆさでした。

お互いの気持ちを確かめ合った後でも、自分への自信のなさゆえに、ちょっとしたことでもすぐ不安になり、でもそれを攻めに吐き出すこともできず、一人で思い悩んで変な誤解を受けたり。王道と言えば王道の、それだけにキュンキュン必至の展開。

子どものころに西澤から借りた植物図鑑をずっと大事にしていて、雑草についての知識だけは豊富な芙蓉が、随所で披露する植物豆知識がうまく物語の中に生かされていて、そんなところも面白かったです。

草間さかえさんの挿絵がまた素晴らしくて。
この、派手なところはないけれど、心和らぐ穏やかな物語にぴったりでした。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

すみれびより【電子書籍】[ 月村奎 ]



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

BL小説「ボナペティ!」感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

「このBLがやばい!2020年度版」の小説部門で
3位になった作品。

簡単に言うと、不憫健気受がスパダリ攻めに拾われて幸せになるシンデレラストーリーです。
乙女の夢と希望が詰まってます(笑
Bon appeetit!.jpg
ビストロLucasのオーナーシェフ花井瑠可
 x天涯孤独の有村葉(19)

中3でひとり親だった父親を亡くして天涯孤独になった葉。
高校にも行けず、中卒でひたすら働きながら、ずっと孤独に必死に生きてきた葉が、仕事中のけが(骨折)で職を失い、精神的・経済的に困窮して生きていく気力を失っていくさま、その閉塞感でこちらまで胸が締め付けられるように辛くなります。
人生を終わりにしようと思った葉が、最後の晩餐に選んだのが、あこがれのお店"ビストロ Lucas(ルカ)"
その店で、体調不良で倒れてしまった葉をオーナーシェフの瑠可が助けるところから二人の関係が始まります。

瑠可の計らいにより”Lucas”で住み込みで働けることになり、いわゆる普通の生活を送れるようになった葉ですが、今までがあまりにひどい境遇だったために、その普通の生活すら自分の身に余ることだと恐縮する様子が、あまりにかわいそうかわいくて、こういう子にはこの先ずっと幸せになってほしいなあと願わずにはいられない。

シンデレラストーリーなので、もちろんちゃんと幸せになるのですが(笑
攻めの瑠可が、料理うまいし(プロだもんねw)、イケメンだし、むちゃくちゃ優しくて、もうほんとにほんとにすっばらしいスパダリなんです。

瑠可の弟のことや、仕事仲間の出産などを通して、人生を終わりにしようとしていた葉が命の大切さに気づくくだりに深く共感したり、
お互いを思いやるあまりにたびたびすれ違う二人にヤキモキさせられたりしますが、それもちょうどいいスパイス。月村先生、もうホント大好きです(笑

Lucasの仕事仲間との軽妙なやり取りも面白く、おいしそうな料理がいろいろと出てくるところにほっこりします。
あ~~~なんか美味しいもの食べたいなぁ。スパダリが作ってくれたやつ!

不憫健気受、包容力が巨大なスパダリ、美味しいもの、リゾートでイチャイチャ、などにピンときたらぜひ読んでみてください。
幸せな読後感が得られます[るんるん]

木下けい子さんのイラストがまた良くって。
特に気に入ったのが、瑠可が葉におくちアーンさせてる絵(エロじゃないよ)。葉がかわいすぎてすんごい萌えました^m^

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

BL小説「甘くて切ない」感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

「このBLがやばい!2020年度版」に
月村奎さんの「ボナペティ!」が小説部門の3位に入ってました。めでたい。私は投票してないけど、好きな作品なので嬉しいです。

ということで
月村奎さん作「甘くて切ない(ill.yoco)」の感想です。
「ボナペティ!」じゃなくてすんませ~~~ん。
(こちら↑↑もそのうち感想書きたいなぁ)
**追記**
ボナペティ!感想書きました。コチラからどうぞ
******
amakutesetunai.jpg
人気作家 西倫太朗(ゲイ)
 xショッピングモール内のメガネ店の店員 横室律

律の勤めるメガネ店に、倫太朗がメガネを作りに来て知り合い、その後、倫太朗が実は、律が大ファンの小説を書いている作家だと知って…というのが二人が親交を深めるきっかけになっています。

以前記事にしたことがありますが、わたくし自己評価が低い受ちゃんが大好物なのですが、この律くん、自己評価というか自己肯定感がものすごく低くて、謙虚というレベルどころじゃなく、なんだかかわいそうになるくらい。
律の母親がものすごい毒親で、ひたすら否定され続けながら育った影響が大きいようですが、そんな中でも健気に懸命に自分の力で仕事や暮らしに(母親にもちゃんと仕送りをして)向き合って生きているのが、もうかわいそう可愛くてたまらない子です。

そんな律が、人気作家の倫太朗と出会って、親交を深め、やがて恋仲になっていくわけですが、この倫太朗さんがまた!いい男で。

人と深くかかわらないように生きてきた律でも、自然と親しくなってしまうような、距離の詰め方が上手で、とても大人なんです。
(律との年齢はそんなに離れてないはずなんですが)
非常識なふるまいをする律の母親に対しても、とても大人な対応でうまくあしらうこともできる。
それも律が嫌な思いをなるべくしないようにするためだからで、ほんと出来た大人です。

たぶん倫太朗は最初から律にかなり好印象を持っていたんじゃないかな(あわよくば、的な思惑もかなり込みでw)と思うのですが、人慣れしていない律が引かないように紳士的に接しながらも、ここぞというときにグッと押すそのテクが~~~(笑)もうキュンキュンでした。

倫太朗の年の離れた弟、健児がまたいい子で、倫太朗には反抗しても、律には素直で、二人の関係の進展にもいい感じの存在感でした。
律の母親にガツンとかみついて、読者のうっ憤も晴らしてくれるし!(笑

律は、倫太朗と恋人になったと同時に家族も得たような、安心感、幸せ感があり、とても素敵な読後感でした。
結局、律の母親は毒親のままで、今後もそれは変わらない気がしますが、倫太朗のサポートもあるし、これからはなんとか最小限のダメージで付き合っていけるんじゃないのかなぁ。

願わくば、二人の続きをもっと読みたいです。
律は転勤がある仕事なので、数年後に律の転勤が決まったら、倫太朗も付いていきそう~~。あるいは転勤じゃなくても、健児が大学生になって家を出たら、倫太朗の実家で同棲生活開始じゃな~い??ワクワク[揺れるハート]
律の美味しい手料理毎日食べて、倫太朗ますますいい作品書いちゃうじゃん!で、ますます有名になって律が心配しちゃうじゃん!当て馬が出てきて、勘違いしてかわいいやきもち焼いたりして~~。以前の自己肯定感が低い律ならやきもちなんて気持ちすら持たない(あるいはそんな気持ちを持ったらダメだとか考えちゃう)だろうけども、倫太朗に大事にされるうちに、そんな気持ちも出せるようになってさ~~~。
そしたら、そんな律がかわいくってしょうがない倫太朗の倫太朗が大暴れ必至じゃん!
ああああ~~~~幸せな妄想が止まらない。
おねがいします、らぶいちゃで幸せな二人のつづきをください・・・・・

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

===
12/21追記
本作、2020/1/5までコミックシーモアで30%offです。
定価が少々お高いレーベルなので購入のチャンス!
素敵なお話ですので、ぜひ読んでみてください。

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:

BL小説「隣人は恋人のはじまり」プチ感想 [月村奎 (ツキムラ ケイ)]

rinjinhakoibito.jpg
11/19購入(コミックシーモア)
[かわいい]隣人は恋人のはじまり/月村奎(絵:木下けい子)

ヨムビーくじ3日目。30%offクーポン使用。
ヨムビーくじ今日までですよ~~!!!
3日目のクーポンは30%offだったので、またまた定価お高めのSHY NOVELSから、本作を購入することにしました。
結局、一人[ぴかぴか(新しい)]月村奎祭り[ぴかぴか(新しい)]続行です(笑

どうして本作を購入したか。
それはもうひとえに【『眠り王子にキスを』の宮村さん&篤史のショートストーリー『その後の眠り王子』も同時収録】←これにつきます(笑
一応購入前に試し読みしたんですが、冒頭に語られる本作の主人公 堂島蛍 の性格が、なんともまあ人好きのしない、ここまでに読んだ月村作品(ほんの数冊しか読んでませんが^^;)には全く出てこない、私的にも全くタイプじゃない人物だったんですが、宮村&篤史のSS読みたさに購入ボタンをポチっとしましたよ。

んでもですね!
本作、とっても面白かったんです!
堂島蛍サン、プライドばかりが高くて、性格がひねくれてて、素直じゃなくて、偏狭で依怙地。孤独を愛し、仲良くひらひらと番って飛んでいる蝶々にまでイライラする始末。
そんな蛍が酔って失態を演じた相手が、攻めの小野なんですが、この小野さんがまたいい性格してまして。
なにかとたてつく蛍の言葉尻をつかんでいなすのが上手で、その言葉のやり取りがとても面白い。
読みながら、何度も笑ってしまいました。
今まで私が読んだ月村作品は、雰囲気の重いものが多く、笑うような場面はほとんどなかったのでより新鮮に感じました。

人好きしない性格、と書きましたが、小野を好きになっている自分の気持ちがなかなか認められずに、ジタバタと空回りする蛍がだんだんかわいく思えてくる不思議(笑
いや実際本当にかわいいんですよ、蛍さん。
小野さんもスパダリタイプではないので、蛍をうまく手玉に取ってそうで振り回されてりするところがかわいい。

試し読みでは期待してなかったんですが
いやいやー面白かった。
やっぱり健気受ばっかりっていうのもね
たまには違うのも美味しいよね。

もし試し読みで、蛍の性格がいまいちかわいくないって理由で読んでいない方がいらっしゃいましたら、だまされたと思って読んでほしいです。かわいくなるんで!
あ、いや、蛍の性格は変わらないんだけど(笑)
かわいく「感じてくる」んで!!

まあ、私個人の感じ方なので、だまされたって思う人もいるかもしれませんが、そこは自己責任でよろしくです(^m^

あ、そして、宮村x篤史のSSですけど
えちはないけど、も―――ラブっラブの二人が堪能できました。
宮村さんに心の底から愛されてることを実感している篤史のかわいいデレがたまりませんでした。
ああもうこの二人は間違いないっす…( ̄¬ ̄ジュルリ
月村先生、ありがとう・・・(-人ー

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ


隣人は恋人のはじまり (Shy novels) [ 月村奎 ]


←㊟楽天ブックス
  へのリンクです。
タグ:月村奎
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:
月村奎 (ツキムラ ケイ) ブログトップ