SSブログ
S井ミツル (エスイ ミツル) ブログトップ

BL「はやとちりは埒があかない?」感想 [S井ミツル (エスイ ミツル)]

S井ミツルさん作のBLコミック
「はやとちりは埒があかない?」の感想です。
hayatotiri.jpg
2021.2.17発売
(出版社:竹書房
   BAMBOO COMICS[Qpa collection])

「めぐみとつぐみ3巻」と同日発売だった本作。
S井ミツルさんの商業デビュー作だそうです。

単行本として世には出ていなかった作品が
人気作家さんになったからか?(推測
ここで1冊にまとまって出版されました。

人気作「めぐつぐ」との抱き合わせ商法w
めぐつぐとの”2冊購入特典”に踊らされて
購入した本作、ようやっと読んだので感想です。

表題作のほかに「一途なお前はタチが悪い」
という短編も同時収録されています。


「はやとちりは埒があかない?」
介護福祉士 叶 太一(28)(表紙絵右 金髪)
   ✕ 看護師 武者小路 徹男(28)(黒髪)

女だらけの職場で、男二人、同い年で
同僚として仲良くしていた二人。
とあるきっかけから
受けが実は自分(攻)のことを好きなのだと思い込んだ攻めが
そんな目で見られていたのか、と
自分の中で勝手にモンモンして
意識して見ているうちに
受けのことが好きになってしまい
その思いを受けにぶつけたら
「な、なに言ってんだ…?」と引かれ
盛大な勘違いをしていたことが発覚して…

BLあるあるの
「腰細ぇ・・・」とか
当て馬との怪しげな(顔が近すぎる)やり取りに
嫉妬して暴走する攻めなどが散見される
BLの王道的な展開の本作ですが
介護福祉士と看護師、という
コ・メディカル同士のCPっていうのが
なかなか新鮮で楽しめました。

私の乏しいBL読書歴でも
医師や歯科医師が主役のBLはたまに見ますが
それ以外の医療従事者同士で主役CPってのは
本作が初めてで。

お仕事BLと言えるほどには
話の内容に仕事のことは関わってきませんが
白衣の人たちのお話は好きなので[黒ハート]

最初のえちちへの流れにちょっと
いきなり感を感じてしまったり
(これ↑もBLあるあるだよね…)
恋人同士になってからとはいえ
ほぼ無理矢理いたすシーンがあって
少々共感できかねるところもありましたが
二人ともキャラが魅力的だったので
全体的には面白かったです。

あ、あとこれもあるあるだけど
攻めがえちちの時にヘアゴムはずして
髪がバサッとなって色気増すやつ!
ギャップ萌え~~大好き~~~~(^m^ムフフ

S井ミツルさんの商業デビュー作ということで
今と多少絵柄が違う部分もありますが
絵自体はきれいで読みやすいですし
お話もなかなか面白かったのに
このレベルの作品でも
当時は単行本化してもらえなかったんですね…
いろいろ事情があったのかもしれませんが
作家さんとしてはなんとも切なかったかと。
少し遅くなりましたが
日の目を見ることができてよかったです[わーい(嬉しい顔)]

そして、医師以外の医療従事者BL
もっと増えておくれ~。
診療放射線技師とかどないですか?
チャラ男が多いですよ(私的イメージw


「一途なお前はタチが悪い」
同時収録の短編。
ページ数的には表題作が2/3
この短編が1/3って感じです。

押しが強すぎ明るすぎ、なストーカー(攻)と
そんなストーカーに押されまくって
流されてしまうチョロい受。
ともに大学生のお話です。

正直コチラは
攻めのストーカー大学生に全く共感できず
それに流されるウダウダな受けにも共感できず
故にキャラにも特に魅力を感じず…
でした・・・

攻めがものすごくポジティブで
前向き加減がすごくって
(そのバイタリティがうらやましい)
その辺は面白かったです。
自分の中には絶対にない感性なので(笑

表題作の方に出てくる当て馬ドクターも
なかなかにめげない押しの強さで
面白かったのですが
そういえば
S井ミツルさんの作品には
いろんな意味で「強い」独特なキャラが
よく出てくる気がします。

つぐみとか、つぐみのパパの春告さんとか
その最たるものではないかと。
★めぐみとつぐみ3巻の感想はコチラ

これからも楽しい強キャラを期待したいです!


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

はやとちりは埒があかない? (バンブーコミックス Qpaコレクション) [ S井ミツル ]



タグ:S井ミツル
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

BL「めぐみとつぐみ③」感想 [S井ミツル (エスイ ミツル)]

S井ミツルさん作のBLコミック
「めぐみとつぐみ③」の感想です。
megutugu3.jpg
2021.2.17発売の最新巻
(出版社:竹書房
 バンブー・コミックス Qpa collection)

表紙のラブ度が爆上がりです!!

ボンボンヤンキーαの恵
 ✕
型破りヤンキーΩのつぐみ

1巻での最悪な出会いから、
不本意なセフレ状態を経て
ついに両想いになり、
お付き合いを始めた2巻。

3巻では、
一体どんなラブな二人が見られるのか??と
とても楽しみにしていました。

★1~2巻の感想はコチラからどうぞ★


付き合っていることに浮かれて
ラブラブ♡な雰囲気にしようと奮闘する恵。
相変わらず情緒がいまいちなつぐみには
通じない…かと思いきや、
なんだかんだで受け入れるようになっていて、
1巻からは考えられないラブ♡な状態[目]
そりゃ恵さんも浮かれますわ。

無自覚に恵に甘えるつぐみと、
それにいちいち喜びをかみしめる恵が
ほんとかわいい。

2巻では恵の友だちのスバルが
恵狙いの当て馬として絡んできましたが
3巻では逆に
つぐみに興味を持って近づいてくる
伊波という当て馬くんが出てきます。
つぐみのヒートにあてられる
お約束の展開ながら
間一髪のところで恵が登場して撃退しましたが
彼がなぜつぐみに近づこうとしたのかが
いまいちよくわかっていないので、
この後もまだ絡んでくるのかな??
当て馬としてはパンチがなかったので(笑
まだ絡むなら、もっとガツッと
当て馬の仕事をしてほしいな~。

とはいえ、
つぐみのヒートで当て馬に襲われたことから
恵がついに”つぐみと番になる”ことを
決意したところで終わったので
あれ、当て馬としての仕事は
ちゃんとこなしてるのか(笑

相変わらず、恵の父親がΩ蔑視派のままで
そこはまだ何も解決できていないので
4巻、どうなるのかなー。とても楽しみです。

2巻と同じく、3巻にも
つぐみのパパさんズ 春告x黒鵐の馴れ初め話
「くろじとはるつぐ」が掲載されています。
2巻の続き「婚約編」です!
春告の黒鵐への想いが
相変わらず変態的で笑えました。
春告さんのブレなさは安心できます。
コチラの続きもとても楽しみです。
え、続きあるよね?
せめて「結婚編」まではやっていただきたい!!

電子でもカバー下収録されています。

電子の特典は4ページマンガ。
つぐみが見つけた恵の弱点のお話。

アニメイトの
「はやとちりは埒があかない?」との
2冊購入連動特典は8ページ小冊子。
めぐつぐは3ページマンガでした。
寒い時には無意識に恵にくっついてきて
暖をとるつぐみが、今日はこない?!
くっついてほしい恵が
理由をつぐみに聞いてみたら…?!
隙あらばいつでもいちゃつきたい恵、
かわいいなぁ。
たぶん親にあまり構われてきてないから
さびしんぼうなんだよね。
逆につぐみは過剰なほどの
親の愛情を浴びて育ってるから
その辺はクールなんだよな。
恵、がんばれ!(笑


そういえば、
つい先日、S井ミツルさんのツイッターで
ドラマCD第2弾制作決定が発表されました。
わあああ~~~い!待っってました!!
もう私の頭の中では2巻も3巻も、
おのゆーxつぐつぐの声で
自動再生されていますが、
やはり本物が待ち遠しいです。

もしかしてつぐみのパパさんズ
(鳥海さんx日野さん)の馴れ初め話も
やっていただけるのかしら?
そしたら二人の絡みも聴けるのかなぁ??
うわぁ・・・ちょっとワクワクが止まらない。
そんなところもものすごく楽しみです[るんるん]
★ドラマCDの感想はコチラからどうぞ★


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

めぐみとつぐみ(3) (バンブーコミックス Qpaコレクション) [ S井ミツル ]
めぐみとつぐみ[CD] / ドラマCD (松岡禎丞、小野友樹、他)

タグ:S井ミツル
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

BL「めぐみとつぐみ①②」感想 [S井ミツル (エスイ ミツル)]

BLコミック「めぐみとつぐみ①②」の感想です。
megutugu1.jpgmegutugu2.jpg

抑制剤を嫌い、
ヒート(発情期)は気合でなんとかする!
クソαは全員殺す!
マスクに鉄パイプを常に携える
型破りΩ つぐみ と 

αばかりが集まる
九重学園の理事長の息子でありながら、
性別で差別することをよしとせず、
不良なのに意外とお堅く正義感のあるα 恵

どちらも、ほかのオメガバースでは
ほぼ見かけないタイプのαとΩ、
ヤンキー気質の二人が
フェロモンに振り回され、好きだ嫌いだ、
ドタバタわちゃわちゃするこのお話。
笑いとキュンとシリアスが
とてもいい配分で展開される、
面白くて大好きな作品です。

最初はお互い敵視していた二人が、
つぐみのヒートにより
体の関係を持ってしまうのですが、
それをきっかけに、恵は
「Ωという性別に屈せず強く生きるつぐみ」に
つぐみは「αなのに性別で差別しない恵」に
それぞれが今までにないものを
相手に感じて惹かれていき・・・
お互い「好き」という言葉は伝えていないけど、
つぐみのヒートが気合でなんとかならない時には
おせっせするようになったふたり。
恋人関係一歩手前?というところまでが1巻。

とにかく型破りΩ つぐみの行動・反応が
破天荒&天然でサイコーに面白い。
そしてなにより普段の狂犬ぶりと、
ヒートの時のエロさのギャップがすごくて!
それに振り回される
意外に真面目くんの恵もカワイイ。

そして、つぐみの家族がまたいい味出してるんです。
パパ①春告さんα
パパ②黒鵐さんΩ
妹 すずめちゃんβ
パパさんズはαとΩの番ですが、
平等な関係でとても仲良し。
とくに春告さんが
黒鵐さんと子どもたちが好きすぎて、
行動がブッ飛び気味で笑えます。
イケメン大好きすずめちゃんは、
恵とお兄ちゃんの関係を一番暖かく見守るおませな妹です。

そんなすずめちゃんも大事なキーになっている2巻。
つぐみへの気持ちを自覚している恵は、
(身体の関係もあるし)もうすでにつぐみと
付き合っているつもりになっているけど、
天然つぐみには全くその気がなく。
めぐみに「好きだ」と
ちゃんと言葉で伝えられても
ピンとこないつぐみだけど
「俺のことどう思ってるのか、どうなりたいのか、考えてみてくれ」と言われ、
「めんどくせえ!」って思いながらも、
つぐみなりに一生懸命考えるとこがかわいい!
(→パパさんズに相手のどこが好きなんだって
質問とかしちゃうんだよ…w)
そして、すずめちゃんに言われた言葉もあって、
自分のめぐみへの気持ちが”好き”だということに
気づいていくのです。
ヒートでもないのに恵に乗っかっちゃって、
狂犬ヤンキー丸出しだったあのつぐみちゃんが
ついに恋愛モードに…???

この作品、つぐみのギャップが
最大のポイントではないかと思っております。
普段の狂犬ぶりがすごいだけに、
ヒートの時とか、前髪下りてる風呂上りとか、
大好きなお菓子をもぐもぐしてるときの
幸せそうな顔とか、照れて赤面するところとか、
そりゃもうとってもかわいいのです!

2巻には「くろじとはるつぐ」も載っています。
パパさんズの馴れ初め話。
春告さん、若い頃からヤバイやつでしたが、
黒鵐さんへの一途な愛は最初から変らず。
なんか思わずウルっと来てしまうシーンもあって
(私だけ?)とっても良いお話でした。

めぐつぐはまだ続いています。
3巻もとっても楽しみです[るんるん]

ちなみに、1巻はドラマCDも出ています。
感想はコチラ。
めぐみ cv小野友樹さん
つぐみ cv松岡禎丞さん
この二人があまりにぴったりで!
めぐつぐを読むときは、
私の脳内では完全にこの二人で再生されてます。
ドラマCDの2巻も出てくれないかな~~。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:コミック
S井ミツル (エスイ ミツル) ブログトップ