SSブログ
水城せとな (ミズキ セトナ) ブログトップ

「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」感想 [水城せとな (ミズキ セトナ)]

「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」の感想です。
kyuusoha.jpgsojouno.jpg
水城せとなさん、初読み作家さんです。
今年の6月に実写映画が上映予定の本作。
2冊とも1年以上前に購入だけはしてあり、映画が公開されるまでには読もうと思いつつずっと積読のままでした。
少し前にテレビで予告映像を目にして、いよいよ読まねば!となり、昨夜ようやく読みました。

ということで、一読しかしていないのに感想です…

普段のBLファンタジーな世界に慣れきってしまっている私には少々重い作品でした。

同じ大学だったノンケ先輩 大伴恭一と、その先輩に一目惚れでベタ惚れのゲイの後輩 今ヶ瀬渉。
学生時代はその想いを伝えられなかった今ヶ瀬が、仕事でつかんだ先輩の不倫をネタに体の関係を迫るところから始まるお話。

ノンケ先輩の恭一がまあとにかく落ちないのですわ、こっち(BL)の世界に(笑

BLファンタジー世界の展開に慣れきってしまっている私には、もう今ヶ瀬の状況が辛くて辛くて。
恭一は女性の誘いにはホイホイのっかる流され侍のくせに、男の今ヶ瀬にはとにかく頑な。

でもそこにものすごくリアルを感じました。
そうだよね、普通はノンケ男性がそんな簡単に男x男の世界に足を踏み入れられるもんじゃないよね・・・

また恭一が、なんでそんなにモテるの??と疑問に思うくらい、あまり魅力を感じられないキャラなんですよね。
来るもの拒まず的な、主体性がなくて、押しに弱くてすぐに流され、自分のせいじゃない、と責任転嫁を平気でするような男で、もう見ててホントにイライラする…!!!
どうしてこんな男にそんなに惚れちゃったかなぁ、今ヶ瀬クン…

と思っていたんですが、二人の別れのシーンで、今ヶ瀬が恭一の好きなところ(良いところ)をたくさんたくさん言うシーンがあって、ほんとに恭一のことが好きなんだなぁ。ってものすごく愛を感じました。切ない…
男とはいえ、こんなに好きでいてくれる今ヶ瀬に落ちないなんてっ、バカだぜ恭一はぁぁぁ(BL脳

見ててイライラする恭一ですけど、実はとても共感できる部分も多くて、これって自分も同じだなぁ、と思うところが多々。だから余計にイライラするのかもしれない[あせあせ(飛び散る汗)]

最終的にはハッピーエンドな感じになっていますけど、BLファンタジーの住人にはとてもそうは思えないラスト。
今ヶ瀬クン、幸せになってほしいよ…

ということで
お話的にはね、たいへん面白かったです。
それはもう文句なく。
ただ、読み返す元気が出ない。
普段BLファンタジーでぬくぬくと甘々な世界に浸っている(浸りたい)私には辛すぎます(泣

私はね、誰がどう思おうが”流されやすくてチョロい受”が大好きなんだッ!(力説
だからいつものBLの世界に戻ります…

映画化にあたって、新装版はどうやら性描写シーンが修正(カット?)されてるらしいです。
そのシーンを見たければ、以前に発行された紙書籍じゃないとダメみたい。
うーん、そこは見てみたいかもなぁ。
いや、行為そのものが見たいわけではなくて(言い訳じみてるが)、その最中に交わされる会話が読みたいんです。

BL読んでていつも思うんですけども、おせっせ中にみんなしゃべりすぎじゃない?実際、最中にあんなしゃべります?まあ漫画的には無言だと間が持たないのかもしれないけど…

いや、最中の会話を否定してるわけではないんです。むしろ大好物なんです。せっせと励みながら愛をささやくシーンはジーンとすることも多くて大好きです。これからもどんどんしゃべってくれたまえ(笑

あ、おせっせといえばこのCP、リバなんですよね。
そのシーン観て「わあっ!リバだあ!!」って思わず
[ぴかぴか(新しい)]ワッショイヽ(^o^)丿ワッショイ[ぴかぴか(新しい)](一人祭り)
したことをここにご報告して、感想記事を終わりたいと思います。


一読しただけ、しかも手元に作品を置くことなく(何の参照もなしに)一気に書いた感想なので、多少間違った認識をしたままの部分もあるかもしれません。あくまでド素人が一読しての率直な感想を述べただけですので、その点どうかご了承くださいませ。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:コミック
水城せとな (ミズキ セトナ) ブログトップ