SSブログ
榎田尤利(エダ ユウリ) ブログトップ

BL小説「nez [ネ]」シリーズ感想 [榎田尤利(エダ ユウリ)]

榎田尤利さん作のBL小説
「 nez [ネ]」シリーズの感想です。
nez1.jpg
(出版社:大洋図書 SHY NOVELS)
nez [ネ]
nez [ネ] Sweet Smell
nez [ネ] Smell and Memory
nez [ネ] Your Lovely Smell
この4冊からなるシリーズです。

元公安でハイスペックな鷹目兆(たかめ きざし)
  ✕
犬並みに鼻の利く燕千里(つばくら ちり)

性格は真逆でそりが合わないのに
匂いと体の相性は抜群な二人がコンビを組んで
CAS(相性診断を行う会社)を訪ねてくる
様々な依頼者からの変わった依頼をこなしつつ
全体を通して千里の過去の秘密に迫っていきます。

千里の鋭い嗅覚を使った相性診断とか
よくもまあ、こんな面白い設定・お話を
一体どうやって思いつくのだろうと
感心しきりで読み続けました。

鷹目はゲイで、協調性に乏しく神経質で潔癖で
何事もきちんとしたがる性格なのに対し
千里は女の子が大好きで、おおざっぱで
部屋も身なりもだらしない。
という感じなので
基本いがみ合っている二人なのですが
お互いの体臭にひかれあう(欲情する)ので
流れでおせっせをちょいちょいしております(笑

話が進むにつれて
お互いの存在が大きいものになっていくのですが
二人とも、それをなかなか素直に認めないので
ラブの進展はかなり遅いです。
(やることはやってるしwちょいちょい甘い空気になったりはするのですが)

CASを訪ねてくる依頼者の依頼内容も面白いし
徐々に徐々に明かされる千里の過去の秘密にも
興味をそそられ
ひたすらわくわくドキドキで読み進められます。

3巻後半あたりかな、
ちょっと冗長に感じるところがあって
「栗本薫さんかな・・・?」って
一人ツッコんでしまったんですけど
(わかる人にはわかるよね?!)
そういえば、榎田尤利さん、小説道場の出身でした。

とはいえ、同じく冊数の多い
交渉人シリーズなどでは
そんな風に感じたことはなかったので
たまたまかな。
なにしろ千里の過去の秘密が
明らかになりそうで、なかなかならないし
鷹目も千里も
自分の恋する気持ちを自覚してるくせに
なかなか素直に認めないもんだから
話が進まなくて(笑)
かなりジリジリしちゃったせいかも。

しかし最終巻で、これまで広げた風呂敷を
実に見事に気持ちよくたたんでくれるので
読後感もすっきり、読みごたえのある内容でした。

あああ~~面白かった!

特に4巻、
すべての秘密が明らかになり
問題解決してゆく過程のハラハラドキドキと
ぐいぐい引っ張られるスピード感にしびれました。
某氏の生い立ちが「冴羽獠かよっ!」
って思ってウケたり
あの人絶対に怪しい!って思ってたら
うわあ~そう来たか~~~!ってなったり
歯科医院でニャンが拘束されたシーンでは
頼むから痛いのやめてぇ~って打ち震えたり(榎田さんのお話は痛い描写が多いから、そこが怖いのである…あれ、歯医者のシーンは3巻だったかも?)

BがLするだけには全くとどまらない
大変面白いストーリーでした[るんるん]


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

nez[ネ] 【イラスト付】【電子書籍】[ 榎田尤利 ]
nez[ネ] -Sweet Smell- 【イラスト付】【電子書籍】[ 榎田尤利 ]
nez[ネ] -Smell and Memory- 【イラスト付】【電子書籍】[ 榎田尤利 ]
nez[ネ] -Your Lovely Smell- 【イラスト付】【電子書籍】[ 榎田尤利 ]

タグ:榎田尤利
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

BL小説「聖夜」感想 [榎田尤利(エダ ユウリ)]

榎田尤利さんのBL小説
「榎田尤利作品集 聖夜」の感想です。
seiya.jpg
・名前のない色
・聖夜
・GRAY(聖夜の10年後が舞台の書き下ろし)
の3遍が収録された新装版

どちらもコメディ要素なし。
シリアスで重めのお話ですが
読後感はとても良いです。

どちらのCPもすれ違ってすれ違って
なかなかくっつかず、切なさ満載。
簡単には甘々を味わえませんが
それだけに、二人の関係が成就した時の幸せ感が
半端ないです。

特に「聖夜」なんて
二人の20年に渡る軌跡を描いていますので
初読時は
この二人はもしかしてくっつかないのね?
と思いながら読んでました…

どちらのお話も
冒頭から切なさで泣かされます。
冒頭のほんの数ページで泣けるってすごいですよね。
榎田尤利さんの
一気に物語へ引き込む文章力に圧倒されます。

具体的な物語の内容は
とても私にはまとめきれないので
ここでは触れませんが
名作と言っても差し支えない内容だと思います。

なぜこの作品を読もうと思ったのかといえば
榎田尤利100冊記念本に寄稿されていた
ヨネダコウ先生の「聖夜」冒頭のコミカライズが
大変素晴らしかったから、なのですが
原作を読んだ後に
このほんの6ページ程度のコミカライズを
再読したら、もうホントに良くて…
全編コミカライズしてほしいくらいです。
ちなみに
「聖夜」の旧版では山田ユギ先生が
イラストを担当されていたようで
それも見てみたいなぁ。
古本ならまだ入手可能かな…?

「名前のない色」は溶けるように暑い
真夏から始まるお話。
「聖夜」は晩秋から始まるお話。
どちらも今の時期に読むのにピッタリでした。
(夏の暑さには共感できるし
寒さの表現は
いっとき暑さを忘れさせてくれます。
ええ、こじつけって言われれば
それまでですけどw)

特に「夜明けの腐女子」さんに
オススメかな、と思いますが
(ちるちるの腐女子属性チャートはコチラ)
たくさんの方に読んでいただきたい作品でした。
夜明けは…ええのぉ…([黒ハート]´艸`[黒ハート])ムフフ

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

BL小説「交渉人シリーズ」感想 [榎田尤利(エダ ユウリ)]

榎田尤利さん作のBL小説
「交渉人シリーズ」の感想です。
koushounin1.jpg
1.交渉人は黙らない
2.交渉人は疑わない
3.交渉人は振り返る
4.交渉人は嵌められる
5.交渉人は諦めない
6.スィーパーはときどき笑う
     交渉人シリーズEX.
7.交渉人は愛される
8.交渉人は休めない

の8冊からなるシリーズ。

主人公は
元検事で、元弁護士で
現在は、両国にある”芽吹ネゴオフィス”の
所長で、交渉人を生業としている芽吹章

主な登場人物は
芽吹ネゴオフィスで働くor出入りしている
紀宵、さゆりさん、智紀、アヤカetc

そして
芽吹の高校時代の1年後輩で
芽吹にご執心の周防組若頭の兵頭寿悦
と、その取り巻きの舎弟たち

芽吹ネゴオフィスに依頼人たちが持ち込む
いろいろな揉め事に巻き込まれたり解決したり

時にシリアスに
時にコミカルに繰り広げられる
下町義理人情物語・・・
というのが全編読んだ私の印象です。

このシリーズを読もうと思ったきっかけは
レビューでの評価の高さでした。

榎田尤利さんの作品は
いずれ読んでみたいと思っていて
どの作品から取り掛かろうかな?と
模索していたら
交渉人シリーズがずいぶん評判が
よさそうだったのと
自分の勝手なイメージで
”交渉人””ネゴシエーター”という名称から
スタイリッシュでオサレなお話かと
思ったんですよねぇ。

読んだら
想像と全く違っていてウケました(笑)

はじめは、かなりシリアス系のお話かと
思い込んで読んでいたんですけど
読み進んでいくほどに
ん?なんかやたらと笑かしに来るな?
あれ?これコメディーなの?

と徐々に気づき始め・・・

↑に「時にコミカルに」と書きましたけど
3冊目くらいに
このお話は基本コメディーなのだ、ということに
ようやく納得しました。気づくのが遅い(笑)

主人公の芽吹さん、イケメン設定なんですけど
変なアロハシャツ着たり、親父ギャグや
ヘタレぶりも堂に入ってて(?)
正直残念な感じなのですが
その生き様は図太い一本の芯が通っていて
そこが本当にかっこいいのです。

いろいろとつらい過去がある上に
物語中でも
身体的・精神的にかなり酷い目に合うので
落ち込むこともあるけれど
それでも強く明るく己を貫く姿勢が素敵なんです。

そして、そんな芽吹にご執心の
ヤクザの兵頭がまたかっこいい。
けしてキャラ崩壊せず
硬派なヤクザを貫いていますが
芽吹への愛は本物で
執着溺愛スパダリ攻めのお手本みたい。

芽吹のピンチにはたいてい助けに来てくれる
スーパーヤクザです(笑)

脇CPの紀宵x智紀もかわいらしくて
このCPが主役の番外編
「スウィーパーはときどき笑う」も
すごく面白かった!
(感想記事はコチラです)

「交渉人は愛される」で
物語はいったん終了するのですが
この「愛される」のラストシーンが
ものすごく良くて・・・・
知り合いに招待された結婚式の教会で
芽吹と兵頭が(たぶん)愛を誓いあっている
シーンなんですけど
その神々しさと言ったら・・・・・・・
これこそ「尊い」という言葉に
ぴったりなんじゃなかろうかと思いました。

このシリーズは
基本、芽吹の一人称で語られるのですが
たまにまったくの他人
(上記したような主な登場人物じゃない人)の
目を通して
芽吹の周辺が語られる部分があって
ラストの教会のシーンもそうなんですけど
あえて本人に語らせない、というのが
非常に効果的と言いますか
読者に想像の余地を持たせつつ
まるでその場に居合わせているかのようで
じつにうまいなぁ~~~って。
このラストシーンだけでも
交渉人シリーズを読んだ甲斐があったと思いました。

「交渉人は休めない」は
榎田尤利さん100冊目記念特別版で読みました。
いつもの両国を離れて
沖縄リゾートに来てまで
仕事をする羽目になる芽吹さん。
相変わらず迂闊で
案の定大変な目に合うのが
〔芽吹さん・・・学習能力・・・・[たらーっ(汗)]
ってなる楽しい本編でした(笑)

そして
100冊記念特別版がすごかった。
いままでの榎田尤利さんの作品のイラストを担当された方の寄稿や、デビューのきっかけのお話などもあり、大変読み応えがありました。
この特別記念版から
次に読む榎田作品を物色中し
とりあえず1冊購入しました。
また後日、購入記事を上げます。

寄稿の中では、ヨネダコウさんのものが
特に素晴らしくて・・・[揺れるハート]
イラストを担当された「聖夜」の一部を
コミカライズされたものだと思うのですが
小説は未読のため
話の前後関係が全く分からないながらも
とても切なくていいシーンでした。
これは読みたい!と思ったんですが
このお話、
電子だとイラストの収録がないらしい…
そ、そんなあ~~~~~[もうやだ~(悲しい顔)]
紙書籍はまだ入手可能なようなので
購入を検討したいと思います。
ちょっと高いのが、なんだけどさ…

いろいろ読みたい作品は増えるばかりで
うれしいような、困るような、ですが
お楽しみはたくさんあった方が幸せだ~~[るんるん]
ということで、次に読む榎田作品
もうちょっといろいろ悩みたいと思います。

そして最後に一言。
ritsukoさん、どうもありがとうございます!!


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

交渉人は黙らない 【イラスト付】【電子書籍】[ 榎田尤利 ]
交渉人は疑わない (Shy novels) [ 榎田尤利 ]
交渉人は振り返る (Shy novels) [ 榎田尤利 ]
交渉人は愛される 【イラスト付】【電子書籍】[ 榎田尤利 ]
交渉人は休めない 榎田尤利100冊記念特別版 (Shy novels) [ 榎田尤利 ]

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

BL小説「スウィーパーはときどき笑う」感想 [榎田尤利(エダ ユウリ)]

榎田尤利さん作のBL小説
「スウィーパーはときどき笑う」の感想です。
koushounin6.jpg
交渉人シリーズの6冊目。
本編の主人公 芽吹が所長を務める
芽吹ネゴオフィスのバイト キヨ(23)と
ヤクザの家の一人息子 智紀(17)が主人公の番外編。

交渉人シリーズを読み始めて
やっとこの6冊目までたどり着きましたが
若い二人が主人公のこの番外編が
もうすっごく楽しくて楽しくて[るんるん]

いや、本編ももちろん面白いのですが
こっちの若い二人の動向が気になって仕方がなかった私。
かっこいいキヨとかわいい智紀を
たっぷり堪能することができて
大満足の番外編でした。

身長差30センチ以上ある凸凹コンビの二人。
ロシア人の血が混じるため長身で
スタイルも顔もモデル級だけど
口下手で感情が表に出にくいキヨが
低身長で女顔のかわいい智紀に対して
見えない尻尾をワッサワサ振っている様子が
かわいくてかわいくて
なんとかこの二人うまくいくといいな――と
本編を読んでいる時から
ずっと気になっていたんですよね。

智紀は背が低く女顔なのがコンプレックス。
「チビ」「ちいさい」「かわいい」が禁句の
プライドの高い子なので
背の高いキヨは
その存在だけでも智紀の気に障りがち。
見た目はかわいいけど狂犬のような智紀が
はたしてキヨになびく日は来るのか⁈
と思ってたんですけど。

芽吹やそこで働く大人たちと
付き合うようになってから
徐々にとんがっているところが
削れてきていた智紀。
この番外編で
自分よりも弱い存在を守ることで
より大人になり
キヨの存在の大切さも自覚できるようになって
…うううぅ…オバちゃんはうれしいよ…

感情をあらわにすることが少ないキヨが
智紀のことになると必死になるのも良かったし
キヨに素直になる智紀がかわいくて癒されました。

なんか、爽やかでまぶしいアオハルをみて
一服の清涼剤をいただいた気分。

本編はこってこてなオジサンふたりだからさ~。
…ってソレも大好きなんですけどね!

それにしても、このシリーズは
登場人物が危険な(痛い)目にあうことが多くて
読んでて、ずっとドキドキひやひやしています。

この番外編でも
二人とも結構なひどい目にあうので
かわいそうで・・・

痛いのは嫌いだから
そこだけは心が休まらないです。うぅ。

ところで
今回出てきた智紀の女装姿を
是非とも拝みたいので
この番外編だけでも
コミカライズしてほしいくらい。

BLに出てくる女の子みたいな見た目のキャラ(主に受)って、お好みじゃない方も多いと思うんですけど、私はけっこう好きみたいです。
マンガだと、”おはおや”の伊介(いすけ)や
”明日はどっちだ!”の星(きらら)とかが代表。
小説だと、本作の智紀が代表入りしました!
あ、見た目がかわいい女子ってだけで
中身はちゃんと男、男気を感じるキャラじゃないとイヤなんですけどね。

ドラマCDになるなら
声優は村瀬くんにやってほしい!

と思って、ちょっと調べたら
交渉人シリーズの1作目
「交渉人は黙らない」のドラマCDでは
智紀役は梶くんがやってるんですね!
すごーい!

でも、個人的にはやっぱり村瀬くんがいいな。
この番外編は女装もするし~~。

といろんな妄想もはかどる楽しさでした。

そういえば
読み終わった後に
タイトルのスウィーパーって結局誰のことだったの?ってマヌケなことで悩んだんですけど
言うまでもなく、キヨのことだよね。
特殊清掃のお仕事してるんだもんね。

スウィーパーっていうと
まず思い浮かぶのが新宿のヤツなもんで
(シティーハンター大好き)
狙撃手、殺し屋的な人をつい連想してしまう。

交渉人シリーズのスピンオフですが
これ単体でも読めると思うので
体格差CPや、寡黙攻め、見た目カワイイ受、などがお好きな方、その他いろいろな方に(笑)おススメです。


さてさて
本編の続きもぼちぼち読んでいきます。
こてこてのオッサンたちのくんずほぐれつ話、
楽しいのよ・・・(笑)


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. 【イラスト付】【電子書籍】[ 榎田尤利 ]



タグ:榎田尤利
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:
榎田尤利(エダ ユウリ) ブログトップ