SSブログ
佐倉温(サクラ ハル) ブログトップ

BL小説「極道さんは青春時代もパパで愛妻家」感想 [佐倉温(サクラ ハル)]

2021-06-04更新
佐倉温さん作のBL小説
「極道さんは青春時代もパパで愛妻家」の感想です。
gokudou-seishun.jpg
(出版社:KADOKAWA 角川ルビー文庫)
2021.6.1発売の最新巻です。

冒頭の史の遅れて来た反抗期のさまが
もう可愛くて愛しくて
すっかり賢吾と佐知に気を許しているというか
たとえいい子じゃなくても大丈夫、と思えるようになっているのがよくわかるシーンで
おばちゃんはウルウルしてしまった。

かいじゅうパジャマを着て
ぷりぷり怒っている史の絵が見たかったな。

しかし、今巻はこれ以降
史の出番があんまりなくて
史推しの私には少々寂しかったです。

ん?あ、これBLですもんね。
そうそう子どもの出番が多いわけはないんでした(笑

賢吾と佐知も、すっかり夫夫が板についてきて
周囲が思わず「離婚危機か?!」と
心配するほどの本気のケンカもするようになり。

今回は二人の中学生の頃の同級生 月島 が
新キャラで登場。
佐知とイチャイチャ(笑)するので
賢吾がお怒りモードでしたが
それが最後の方で
どえろな展開につながったので
すべて万々歳でした!ヾ(≧▽≦)ノヒャッホーイ!

佐知の考える理想の二人の関係というのが
とっても良かったな。。。
守られるだけじゃなくて、守りたいし
甘やかされるだけじゃなくて、甘やかしたい。

賢吾はいつでも佐知に甘々で
当たり前のように甘やかされていると
それが当然のように思ってしまって
慢心しそうな気がするのですが
やっぱり佐知も立派な男だもんね!

このシリーズには賢吾を筆頭に
今巻の月島さんや
椿ちゃんにご執心の弁護士 犬飼さんなど
どれも頭脳明晰なだけに厄介で
異常なほどの執着攻めが出てきますが

佐知は賢吾の重すぎる愛情を完全に受け止めちゃってるあたり、佐知さんもたいがいですねw
お似合いの二人、まだまだこれからも読みたいです。

あと、史をもっとおくれ(笑

コミカライズの続きも早く出ないかなぁ。
待ち遠しいです。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

極道さんは青春時代もパパで愛妻家【電子特別版】【電子書籍】[ 佐倉 温 ]



タグ:佐倉温
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

BL小説「インテリヤクザは不器用な策略家」ぷち感想 [佐倉温(サクラ ハル)]

佐倉温さんのBL小説
「インテリヤクザは不器用な策略家」の
ちょこっと感想です。
interiYakuza.jpg
極道さんシリーズのスピンオフ。

佐知が院長を務める雨宮医院で
看護師として勤める、小刀祢舞桜と
賢吾の後輩で側近の伊勢崎晴海
二人のお話。

本編でずっとにおわせられていた
舞桜の過去と、伊勢崎との関係が
本作でついに語られています。

極道さんシリーズ本編での舞桜は
佐知の片腕として、また佐知の護衛として
仕事も有能で、気も利いて
何でもそつなくこなしている印象でしたが

実は、子どものころは被虐待児で、
その酷い環境から救ってくれたのが
賢吾と伊勢崎で。

舞桜さん、イケメンだし、
とっても出来る子なのに
虐待の影響か、自己評価がすごく低い子でした。
・・・・
自己評価低い受大好きな私。
ああああ~~~私好みの子が
こんなとこにいたのね~(笑

ということで、
たいへん楽しんで読ませていただきました。

舞桜さんが、あまりに自己評価が低くて
自分の気持ちにも鈍感で
やっと自分の恋心に気づいたと思ったら
「この思いは告げない」
とか言い出しちゃって。

伊勢崎は伊勢崎で
もう、恋愛方面になると、
いつものインテリ具合はどこ行った?!
ってくらいよくわからない行動に出るし、で

これ、いつになったら
ちゃんと想いが通じ合うの…??
って途中何度も心配(残りページ数を確認w)しちゃいました。

結局、残り50ページくらいから、
ようやっと怒涛の展開になるので
「Oh…もうちょっと早く
この展開が見たかったYO★」と思ってしまった。
(いきなりの変なノリ失礼)

あ、あと、碧斗がね、
めちゃくちゃかっこ良かったよ!
あんまりかっこかわいくて
ウルっとしてしまった。

ということで
なんとか(笑)このCPも成立したし
ようやっと、本編の最新巻が読めるところまで来ました!
長かった、長かったよ、ritsukoさん!(笑

はあ~~この週末に読もうかなっ♡

★極道さんシリーズの感想は下のリンクから★
 極道さんはパパで愛妻家
 極道さんはパパで愛妻家 コミカライズ版
 極道さんは運命のパパで愛妻家

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

インテリヤクザは不器用な策略家【電子書籍】[ 佐倉 温 ]



タグ:佐倉温
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

BL小説「極道さんは運命のパパで愛妻家」ぷち感想 [佐倉温(サクラ ハル)]

佐倉温さん作のBL小説
「極道さんは運命のパパで愛妻家」の
ぷちっと感想です。
(最新巻(甘えたがりな~)の
感想ではありません。スミマセン(^^ゞ
gokudousan8.jpg
極道さんシリーズの9作目。
長く続くシリーズものでは
一回はやってみたくなるらしい(?)
記憶喪失回です。

賢吾に忘れられてしまった佐知さん、
ワタクシてっきり地の底まで
落ち込むのかと思い込んでいたのですが
意外や意外、とても自信ありげに、
気丈にふるまうのにびっくりしました。
ここまで、
一身に賢吾の愛を注いでもらっていたことを
いやというほど
思い知ったおかげなのでしょうね。

もちろん不安はあるのですが
健気でいじらしいことを言う史にも励まされ
堂々と、佐知のことが分からない賢吾の前でも
普段と変わらず過ごす様がすごく良かったです。

前巻(慰め上手なパパで~)で
父親の再婚のことで
グジグジ言い続ける佐知に、
正直ちょっとイラっと来てたんですけど(笑
今巻で惚れ直しました。

最新巻(甘えたがりな~)でも
かっこいい佐知が見られるみたいなので
(ritsukoさん情報(いつもありがとう♪))
読むのが楽しみです。

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

極道さんは運命のパパで愛妻家【電子特別版】【電子書籍】[ 佐倉 温 ]



タグ:佐倉温
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

BL小説「極道さんはパパで愛妻家」感想 [佐倉温(サクラ ハル)]

佐倉温さん作のBL小説
「極道さんはパパで愛妻家」の感想です。
gokudousan1.jpg
2016.7月発売
極道さんシリーズの1冊目です。
現在このシリーズの最新巻は
2020.8月に出たばかりの9巻。
スピンオフも2冊ほど出ているようです。
人気のシリーズなのですね。

本シリーズに興味を持ったのは
BL友ritsukoさんのところで感想記事を読んだからです。
(いつもありがとう!)
★ritsukoさんの感想記事はコチラ
かわいくてかしこくて
かわいくてかわいいショタがとても気になったのです。

とにかく私は物語に出てくる健気な子どもに弱い。
特に3~10歳あたりが大好物。
主CPの過去回想で出てくるショタでもいいし
本作のような養子とか
CPどちらかの連れ子とかいうのも大好物。

ただし、オメガバースなどで「出産」して出来たショタにはちょっと…萌えません。
出産したら、もう男同士じゃないじゃん…と
つい思ってしまうので。
いや、ショタはかわいいんですけど
設定として萌えるかどうかという話。

ちなみに極道(=ヤクザ)も萌えないんですけど
BLってヤクザ設定が多いですよね〜。
それこそ「囀る~」のような名作から
ライトな、なんちゃってヤクザまで(笑

まあ、これもオメガバースと一緒で
萌えないだけで、面白ければ読むのですが。

本作は作者さんのあとがきにもありましたが
「なんちゃって」の方ですw
なので、重たくありません。

とにかくショタの吸引力がものすごくて
大変楽しめました!

主人公は町の開業医 で
 見る者すべてを魅了してしまう美貌の持ち主
  雨宮佐知(受)
 ✕
その佐知の幼なじみで
 子どものころから佐知にご執心の東雲組若頭
  東雲賢吾(攻)

ある日突然、賢吾が「俺達の子供が出来たぞ」
と5歳の史(ふみ)♂を連れてくるところから
始まるお話です。

佐知が医者の上に、超絶美貌の持ち主
という割には、恋愛には全く疎いキャラで
”そんなにぶちん、おらんじゃろ~~”という感じなのですが
そこは、ライトなコメディなので(笑

とにかく史がかわいい!かわいいのです!
実は、賢吾の父と愛人との間にできた子どもなのですが
5歳で母親を亡くし
一人知らない大人ばかりの中に放り込まれた史。
その不安たるや、想像に絶しますが
佐知と接することによって、徐々に笑顔を見せるようになっていく様が愛しくて。

普通小さい子供なら怖がるお化け屋敷に、亡くなった母親がいるかも、と勇んで入っていき、母親がいなくて寂しそうにする様や
「おとこのこはないちゃダメ」という母の言葉を守って、必死に涙をこらえ、佐知に「泣いていいんだよ」と言われてやっと大泣きする様子は
胸が痛くて、おばちゃんももらい泣きでした。

BがLする方はですね、
攻めが受けに長年の執心をぶつけ
受けも実は自分も攻めのことが好きだったのだ、という自分の気持ちを認め
なんとかCP成立??というところまで。
まだまだ始まったばかりの二人なので
この先が楽しみです。

んでも
史の活躍が一番の楽しみです!(笑

ということで
ぼちぼち続きを読んでいきたいと思います。

可愛くて、健気なショタがお好きな方でしたら
天使な史のこと、
きっと気に入っていただけると思います( •̀ ω •́ )✧


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ


極道さんはパパで愛妻家【電子特典付き】【電子書籍】[ 桜城 やや ]



タグ:佐倉温
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:
佐倉温(サクラ ハル) ブログトップ