SSブログ
感想~コミカライズ~ ブログトップ

BL「茅島氏の優雅な生活シリーズ」感想 [感想~コミカライズ~]

2021-05-08更新
遠野春日さんの同名小説を
麻々原絵里依さん作画でコミカライズした
「茅島氏の優雅な生活」シリーズの感想です。
kayasimasi comic1.jpg
茅島氏の優雅な生活1(2009年4月発行)
茅島氏の優雅な生活2~英国旅行編~
茅島氏の優雅な生活3~プロポーズ編~
の3冊からなるシリーズ。

旧華族で、高校生の時に両親を事故で亡くし
莫大な遺産を受けついだ茅島氏(26)が
一方的に思いを寄せている庭師の”彼”に告白し
やがて将来を誓い合う仲になるお話です。

高貴な生まれで、経済的に苦労したこともなく
働かずとも、毎日庭を眺めて、お茶を飲み
たまには馬に乗ったり、庭を散歩したり
まれに夜会(パーティ)に行って・・・・
望むものはほとんど何でも手に入る
庶民からすればなんとも優雅な生活を送る茅島氏。

一見傲慢にも見える言動が常なのですが
そんな茅島氏が
駆け引きもなく、ひたすら純粋に
庭師の”彼”に思いを告げる様子が
もうとにかくかわいらしいのです。

一方、いままで話したこともなかった雇い主の茅島氏に突然告白された庭師の”彼”は
驚きのあまり本気に受け取れないものの
茅島氏のあまりに必死な様子に
だんだんほだされ
やがてその魅力に惹かれていくことになります。

庭師の”彼”は
実は最高学府を優秀な成績で卒業している
頭脳明晰な人物で、高いプライド持ちなので
最初は茅島氏になかなかのひどい態度を
とり続けるんですが
それでもめげない茅島氏の健気さがたまらんです。

自分が愛されていることには自信がなくて
いつでも不安で、でも”彼”のことが大好きで
深窓のお坊ちゃんなのに
素直に、時には大胆に、必死に”彼”に縋る様子に
応援せずにはいられません。

原作小説1冊につき、コミック1冊で
コミカライズされているので
原作からカットされているエピソードはかなり多いです。
ただそれで物足りないのかといえば
決してそんなことはなく
コミックだけで十分に
茅島氏の魅力を感じることができますし
彼らの恋が成就するさまを
3冊かけて見ることで
とても幸せな気持ちになれます。

3巻である「プロポーズ編」で
茅島氏の態度が急に冷たくなったことで
「俺は振られるのかもしれない」と焦る
庭師の”彼”のお話があるのですが
茅島氏の冷たい態度の理由がね…
ほんともう可愛すぎて
どうにかなりそうなくらいかわいいんですよ。
ああああ~~~~もうこんな人
夢中にならない方がどうかしてる。

このエピソードだけでなく
とにかくひたすら茅島氏がかわいらしいです。

また、各巻の巻末に載っているSSも素敵。
1巻:茅島氏の愛犬ラフマニノフ
2巻:秘書の小泉さん
3巻:執事の波多野さん
それぞれの視点で語られるのですが
茅島氏が彼らにいかに愛されているかが
わかってほっこりしちゃいます。

上流階級って、なんか
ドロドロしたイメージがあるんですけど
そういうのとは無縁な
茅島氏の純粋さや、清らかな感じは
もともとの気質もあるのでしょうけど
周りのスタッフ(顧問団)が
がっちりと彼を守っているおかげも
大きいのでは、と思ったりしました。

優雅で気品にあふれ、麗しくも
ひたすらかわいい受が堪能できる
とってもすんばらしい作品でした。

小説の方は、コミックとは
またちょっと違った雰囲気があって
それもとても良かったので
また別記事で感想を上げたいと思います。

★小説の感想上げました。コチラからどうぞ★

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

茅島氏の優雅な生活【電子書籍】[ 遠野春日 ]
茅島氏の優雅な生活〜英国旅行編〜【電子書籍】[ 遠野春日 ]
茅島氏の優雅な生活〜プロポーズ編〜【電子書籍】[ 遠野春日 ]

nice!(0)  コメント(2) 

BL「隣の嘘つき≪コミック版≫」感想 [感想~コミカライズ~]

安西リカさん原作 須坂紫那さん作画の
「隣の嘘つき《コミック版》」の感想です。
tonarinousotuki-comic.jpg
2019.3月発売の作品
原作小説は2012年に発表されています。

須坂紫那さん、初読み作家さんですが
絵が大変きれいですね。
受け攻めともにイケメンで
眼福でございました♡

見目も良く、金銭的にも余裕があって
女性にもモテモテ。
自分の人生におおむね満足しているものの
実は同性に惹かれる性質であることを押し隠し
自分に嘘をついて過ごしている攻めの高瀬。

あるきっかけで知り合った伊藤友一(受、ゲイ)の
セクシャリティを隠すこともなく、
恋人への好意も素直に表現する様子に
次第に興味を惹かれていき・・・

お互いに惹かれていることが
読者にはありありとわかるのですが
自分もゲイだとなかなか言い出せない高瀬と
ノンケとはもう付き合わない、と決めている友一の
すれ違う想いが、もうギュンギュンきて
たまらない展開でございました!!!!
まさに両片想いの醍醐味!

相手の一挙一動に喜んだり、落ち込んだり
特に高瀬が、想いがあふれて
友一に思いを伝えてからの展開は
ハラハラドキドキで最高でした。

胸がギュッと締め付けられたり
涙がこぼれたり
でももちろん最後はハッピーエンドです。

女性相手の時には、クールだった高瀬が
友一相手には余裕がなくて、
イケメンがあわあわしてる様子も
すごく好ましかったです(^m^)ウププ

コミックがあまりに良かったので
読み終わってすぐに原作小説も購入しました。
単話配信なんですね。
200円程度で買えちゃいます。

短編小説なので、さくっと読了。
コミック版は、原作を余すところなく盛り込めている感じでした。
こまかな感情の動きも、
うまく表情に表すことができているし
部分的には、マンガの方が無理なく
自然な流れで表現できてるな~
と思うところもあり
須坂紫那さん、すごいなぁ。と
素直に感心しちゃいました。

私、とくに第4話の扉絵が
すごく好みだったんです。
友一に振られて落ち込んでる様子の
高瀬の後ろ姿なんですけど
顔は見えないのに、
すごく絶望感が伝わってきて・・・
表現のうまい方の描く絵ってすごいですね。

もちろん小説では、細かい心の動きが
きちんとこちらに伝わってくるところがいいのですが!

コミックと小説ともに、
ラストに違うエピソードが描かれているので
両方読むと、お得感倍増です!
コミックが気に入られた方は、
ぜひ原作小説の方もお楽しみいただきたいです。
はあ~やっぱり安西リカさん、いいなあ~。

シーモアではコミック版
今日(2/25 23:59)まで3割引中です。
気になる方はぜひ読んでみてください。
胸キュン保証しちゃいます。
(私基準の保証なので
  クレームは受け付けませ~ん(笑))
もっと早く記事にしたかったのですけど
なかなかそううまくいかず、
今日になってしまいました。とほ~[ふらふら]


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

隣の嘘つき《コミック版》【電子書籍】[ 須坂紫那 ]
隣の嘘つき《小説版》【電子書籍】[ 安西リカ ]

nice!(0)  コメント(2) 

BL「極道さんはパパで愛妻家」感想 [感想~コミカライズ~]

佐倉温さん作の同名小説を
挿絵も担当していた桜城ややさんが漫画化した
「極道さんはパパで愛妻家」の感想です。
gokudou comic1.jpg
2019.6月発売

★原作小説の感想はコチラ

見る者すべてを魅了する天賦の才を持つ
(しかし本人はその自覚がない)
開業医の雨宮佐知(29)と
その佐知に子供のころからご執心の
東雲組若頭 東雲賢吾(29)

幼なじみの二人ですが
ある日、賢吾が突然
「俺達の子供が出来たぞ」と言って
5歳の史(ふみ)♂を連れてきたところから始まるお話です。

原作小説の感想でも購入記事でも書きましたが
とにかく史がめちゃくちゃ健気でかわゆくて
ショタ好きの私にはたまらん存在です。
コミックならそのカワイイ史が
(絵で)たくさん見られるゾ~♪と思って
購入してみたのですが
本作、いい意味で期待を裏切られましたので
さっそく感想を書こう!となりました。

もちろん、かわいい史がたくさん見られて
幸せだったのですが
予想外だったのは
肝心の賢吾x佐知CPの方です。

わたくし、正直申しまして
原作小説を読んだときはですね、
このCP、そんなに魅力を感じなかったのです。
なぜかといえば
まず、佐知の形容がなんというか、過ぎてて
「そんな奴おらんじゃろ~~」って思ってしまったところが一番の原因かなぁ。

コミックでは、容姿に関する形容は一切なく
まあ、絵で見て
その辺は判断してくださいってことかな?(笑
桜城ややさんの美麗絵で
過不足なく表現されていたと思います。
そのせいなのか、何なのか
小説を読んだ時にはあまり感じなかった
恋愛成分としての「キュン」が
このマンガを読んだ時にはたくさん感じられて
びっくりしたんです。
桜城ややさんの手腕ってことなのかなぁ。
プロの仕事を見た!とか
図々しくも思ってしまいました(笑

原作小説1冊分を、漫画1冊にまとめているので
当然、削られているセリフ、シーンがたくさんあります。
賢吾と佐知のコミカルなやり取りや
伊勢崎(賢吾の部下)の容赦ないツッコミ、
特に東雲組の組員たちとの
面白おかしいやり取り部分はほとんど?削られちゃってたのがちょっと寂しかったのですが
でも、原作の魅力は失わず
とても上手く漫画化されているなあと感じました。

原作を知らない方には
史を自分たちの家族として育てる、と
決意するラストが、少し性急に感じられるかも…
とは思ったのですが
そこは史のかわいさに免じて、ってことで~。

それにしても、佐知がとってもせくしーで
たしかにこれなら賢吾も周囲を警戒しまくるわけね…と納得するレベルの眼福エロスでした♪

たぶん、今後、めちゃくちゃリピすると思います、これ。
続きも漫画化してほしいなあ!!ぜひとも!

史をもっとください!(結局ソレかい…

マンガで佐知さんの魅力に目覚めたので(笑
ちょっと満腹感を感じたため
中断していた原作シリーズの続き、
読む気満々になりました~~。
ウキウキ[るんるん]

ランキングに参加しています。
↓ぽちっとしていただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↓画像クリックで楽天の商品ページに飛びます。
←コミカライズ版    原作小説→

極道さんはパパで愛妻家 (あすかコミックスCL-DX) [ 桜城 やや ]
極道さんはパパで愛妻家【電子特別版】【電子書籍】[ 佐倉 温 ]

nice!(0)  コメント(3) 
感想~コミカライズ~ ブログトップ